Menu does not appear
-- SiteMap

疫学部

広島・長崎の疫学部が共同で行っている調査の目的は、寿命調査集団胎内被爆者集団被爆二世(F1)集団の長期追跡調査により、放射線被曝が健康にどのような影響を及ぼすかについて疫学調査を行うことです。

この放影研疫学調査では調査を一貫した形で行うよう、広島・長崎の疫学部職員は共通の研究計画書に従っています。広島疫学部の方が職員数、特に研究員数が多いという点を除き、両部の組織構成は似ており、両部とも、解析研究グループ(広島は疫学解析室、長崎はコンピュータ管理室)、原簿管理課、腫瘍組織登録室、病理学研究室の 四つのセクションがあります。

疫学調査は放影研で行われている研究の中心であり、放射線疫学データの主要な情報源として国際的にも認められています。

研究員と研究課題

広島研究所
長崎研究所
小笹 晃太郎 (部長)
 放影研における寿命調査
 地域がん登録
 がんおよび非がん疾患の疫学
 生活習慣と健康および疾病
坂田 律
 放影研における寿命調査
 がん疫学
杉山 裕美
 放影研における寿命調査
 がん疫学
 地域がん登録
 腫瘍組織登録
定金 敦子
 放影研における寿命調査
 がんおよび非がん疾患の疫学
歌田 真依
 放影研における寿命調査
 がん疫学
 地域がん登録
 腫瘍組織登録
高橋 郁乃(兼務)
 脳血管障害の疫学研究
清水 由紀子 (非常勤研究員)
 放影研における寿命調査
 がんおよびがん以外の疾患の放射線リスク
永野 純 (非常勤研究員)
 放影研における寿命調査
 食生活とがん
 ストレスと慢性疾患
早田 みどり
 地域がん登録
 腫瘍組織登録
 がん疫学
 原爆放射線を含む閉経のリスク因子の研究