Menu does not appear
-- SiteMap

統計部

統計部
放影研統計部は、日本では数少ない、生物統計学(biostatistics)を専門とする研究グループです。統計学的側面から放影研の研究をサポートするとともに、環境リスク評価や放射線リスク解析に応用できる方法論の基礎研究を行っています。長年蓄積してきた経験や技術、そして最新の方法論に基づいた放射線リスク評価推定は高く評価され、国際的な放射線防護基準に用いられています。

統計部は、他の部の研究員と共同で研究の企画および解析を行うことにより、放影研の研究活動全般に対して統計学的な支援を提供しています。 また、原爆被爆者のデータ解析過程で生じる重要かつ困難な統計学上の問題の多くについても研究を行っています。現在、統計部が特に関心を持っている問題には次のものが挙げられます。 生存データ(すなわち経時的がん死亡率データ)解析のための統計学的手法、モデルならびにソフトウェアの開発、多くの場合微妙で複雑な被爆者に見られる放射線影響の本質を明確かつ有用に概要説明するための手法の開発、被爆者が受けた放射線量の推定における誤差がリスク推定に及ぼす影響の評価およびその調整、放射線影響の証拠と考えられる多くの生物学的指標に見られる、過度に分散されたデータの解析、臨床調査により得られた経時的データの解析手法の開発ならびに応用、家族調査の企画および解析、そして放射線に起因する突然変異の形跡をDNAレベルで発見しようとする場合のパターン認識の問題などです。

統計部はまた放射線量推定方式の管理にも携わっています。 この作業に含まれるものは、線量推定に用いられるデータおよびコンピュータ・プログラムの編成および管理、そして放影研の研究対象者である被爆者の線量推定値の計算です。
統計談話会・セミナーのお知らせ
資料 リンク

研究員と研究課題

Harry M. Cullings (部長)
 放射線量推定、生物線量推定および線量の不確実性
 地理空間解析
 放射線リスクモデル
 統計的助言
Benjamin French (副部長)
 経時的データ解析
 生存率解析
 リスク予測
 遺伝疫学
古川 恭治
 環境データの空間統計モデリングと解析
 計算機統計手法
 ベイズ統計モデルの疫学への応用
三角 宗近
 多変量生存時間データの解析法
 多段階発がんモデル
 コンサルティング
John B. Cologne
 公衆衛生・疫学リスク評価のための統計解析法および研究デザイン
 競合リスクを伴う放射線に関連する個々の死因についての原因確率および寿命短縮
 効率的なサンプリング・デザインの観測データに適用する、調節作用および効果修飾を含む複雑なリスクモデル
 稀な遺伝的変異体および遺伝子と放射線の相互作用に重点を置いた、細胞経路およびネットワークに関するゲノムデータの機械学習に基づく解析
Kismet (Anna) Cordova
 統計的コンサルティング
 3つもしくはそれ以上の予測因子の相互作用を含む効果修飾
 反復測定データ
 臨床的および疫学的研究の解析とデザイン

顧問
  Dale L. Preston
  Daniel O. Stram
  Donald A. Pierce
  Mark P. Little
  大瀧 慈

専門委員
  和泉 志津恵
  角間 辰之