Menu does not appear
-- SiteMap


Q&A よくある質問

原爆被爆者の長期健康影響調査に関する「Q&A」
放影研の研究者がよく受ける質問の中から、幾つかをピックアップして、このコーナーに納めました。初めてアクセスされる方にはもちろん、放影研で行われている調査・研究についてもっと知りたいと思われる方にも参考となるものです。
また、福島原発関連のページに「福島第一原子力発電所事故 Q&A」を掲載しています。

このコーナーでは、皆様からのご質問、ご意見をお待ちしております。
お問い合わせフォーム をご利用ください。 なお、放影研用語集 はこちらです。
  原爆によって亡くなった人の数はどのくらいですか?
 
  原爆に被爆した人の中で、これまでに放射線が原因と考えられるがんはどれくらい発生していますか?
  放射線とがんの発生はどのような関係にあるのですか?
 
  放射線が原因と考えられるがんは、今も被爆した人たちに発生していますか?
 
  被爆者には、これまでがん以外にどのような健康への影響が認められていますか?
 
  母親のおなかの中で被爆した人たち(胎内被爆者)には、どのような影響があったのですか?
 
  被爆者から生まれた子供(被爆二世)にも放射線の影響があるのでしょうか?
 
  放影研が調査している集団には、どのくらい被爆者がいますか?
またどうやって調査の対象に選ばれましたか?
  当初の調査対象被爆者のうち、どのくらいの人が現在生存していますか?
 
  被爆者についての情報はどのようにして得られるのでしょうか?
 
  「有意な」放射線量とはどういう意味ですか?
 
  広島・長崎にはまだ放射能(放射性物質)が残っているのですか?
 
  放射線影響研究所「要覧」の中の記述について教えてください。