Menu does not appear
-- SiteMap


放影研ではこんな研究をしています

放影研で行っている調査には次のようなものがあります。
放影研での調査の規模
調査課題
調査人数
調査時期
寿命調査(死因調査)
120,000人
1950年−継続中
成人健康調査
23,000人
1958年−継続中
胎内被爆者調査
3,600人
1946年−継続中
遺伝学調査(被爆二世の調査)
   死亡率(寿命調査)
77,000人
1946年−継続中
   出生時の障害
77,000人
1948年−1954年
   性比
140,000人
1948年−1962年
   がんの発生率
77,000人
1958年−継続中
   染色体異常
16,000人
1967年−1985年
   生化学的調査
24,000人
1975年−1985年
   分子遺伝学調査
1,000家族、1,500人
1985年−継続中
   健康診断調査
12,000人
2002年−継続中

現在までに分かったこと

これから10-20年で明らかにしようとすること
これから20年以上かかりそうなこと
放射線の健康影響
研究の計画から結果の発表まで
国際協力活動