Menu does not appear
-- SiteMap


放影研ではこんな研究をしています

放射線の健康影響

放影研の特定の部の調査研究活動については、各部門のページとその研究成果ハイライトをご覧ください。
また、原爆被爆者調査についての Q&Aよくある質問放射線に関する基礎知識放影研用語集もご覧ください。
被爆者における初期の影響 (原爆後数カ月から数年)
急性放射線症状 : 脱毛/血液細胞数の減少/皮下出血/吐き気および嘔吐
水晶体混濁(白内障)
死亡

被爆者における後影響 (原爆後数年から現在まで)
原爆被爆者におけるがんリスク
放射線被ばくによる部位別のがん死亡リスク
原爆被爆者における白血病リスク
良性腫瘍:子宮、副甲状腺、甲状腺
がん以外の疾患による死亡
コレステロール値、生殖能、発育への影響
白血球における染色体異常
赤血球および白血球における突然変異
免疫系に及ぼす影響
精神面への影響
加齢に及ぼす影響

胎内被爆者における影響 (出生前に被爆した3,000人の調査)
胎内被爆者の身体的、精神的発育・成長
胎内被爆者のがんやその他の原因による死亡

遺伝的影響 (被爆者の子供について遺伝に関連した多くの指標を調査)
出生時障害
男女比
染色体突然変異
血液蛋白の変化
DNA調査
がんの罹患およびがん以外の原因による死亡

がんの発生機序 (原爆被爆者にはどうしてがんが増えているのか)
組織による放射線感受性の違い
腫瘍促進遺伝子を活性化するもの
腫瘍抑制遺伝子を不活性化するもの