Menu does not appear
-- SiteMap


放射線ってなんだろう?

放射線に傷つけられた細胞はどうなるの?

放射線の量が大変多い場合
DNAに生じた傷などによって細胞が死ぬので、白血球が減少したり、消化管粘膜が損傷を受けて下痢をしたり
します。

放射線の量がそれよりも少ない場合
上のような急性症状は出ませんが、細胞に傷がついているので、細胞が自分で傷を治すときに、ごくまれに間違いが起こり、遺伝子に異常(突然変異)が生じることがあります。
そうした細胞の中から、将来がんになるものが出てくる可能性があると考えられています。
細胞修復時の染色体異常
DNA切断が修復される時、一部が誤って修復される結果、染色体異常が生じます。
放射線が健康によくないのは、放射線による「被ばく」によって細胞のDNAに傷
(主としてDNA切断)ができるからです。
放射線によってできた
DNAの傷がもとになって、
様々な病気を引き起こすのじゃ。