Menu does not appear
-- SiteMap


放射線ってなんだろう?

まとめ

放射線(X線やガンマ線)が体(細胞)に当たると、原子や分子から電子が放出される。
電子は飛び回って周囲にエネルギーをまき散らす。
その結果、ラジカルが作られる。
ラジカルは、速やかに周囲の原子と反応するので、異常な化学反応が起こってしまう。
   (つまり、細胞に局所的な小さな傷ができる)
ここまでの現象は、
なんと1秒以内に起こります!
細胞膜にできた傷が原因で細胞が死ぬ(アポトーシス)こともあれば、DNAが直接あるいは間接的
   (H2O分子がラジカルになってDNAを攻撃する)に切断され、細胞死や突然変異が生じることもある。
その修復の誤りによって突然変異を生じたりする。
---------- 数時間から数日後に起こることです ----------
組織が傷害から回復する。
---------- 数週間後に起こることです --------

白血病が増加する。
---------- 数年後に起こることです ----------

がんが増加する。
---------- 数十年後に起こることです --------
だから長年にわたる
調査研究が必要なのね