Menu does not appear
-- SiteMap


放射線ってなんだろう?

放射線とは?

運動エネルギーを持って 空間を飛び回っている 小さな粒(素粒子)」 と言えます。
 ひとつは「光」の性質を持ったもので、
 身近にある放射線の大半は「光」の性質を持ったものです。
   X線、ガンマ線(医療に用いられる)
 他方は「粒子」の性質を持ったものです。(小さくて顕微鏡でも見えません)
   アルファ線、ベータ線(放射性物質から)、重粒子線(がん治療)
放射線とは?
X線、ガンマ線は波長の短い電磁波(光と同じ性質)です
ここに示したいろいろな波はすべて電磁波と呼ばれ、「光」の兄弟です。
いろいろな波長の電磁波
電磁波(放射線)=空間を伝わっていくエネルギーの流れである  (近藤宗平)
放射線の波長が紫外線よりももっと短くなる(エネルギーが高くなる)と、身体を通り抜けるようになります(X線、ガンマ線)。
衣服を着ていても関係ありません。
アルファ線、ベータ線、ガンマ線は、原子核から出る放射線ですが、X線は高速の電子を金属にぶつけた時に出てきます。
中性子線は、原爆放射線の一部で粒子線です。

放射線は、
大気や海、土壌の中など
地球上のどこにでも
存在しているのじゃ。