Menu does not appear
-- SiteMap

放射線影響研究所用語集

ブルーリボン委員会

放射線研究の分野で国際的に著名な専門家から構成される検討委員会で、放影研の出資機関がそのメンバーを選びました。検討委員会は1996年2月5−7日に広島で、同2月8日に長崎で放影研研究者と会合を持ち、1996年7月2日に報告書を提出しました。
ブルーリボン委員会メンバー
Roger H. Clarke 委員長 英国放射線防護庁総裁
  島尾忠男 日本結核予防会会長
  H. Jack Geiger ニューヨーク市立大学医学部
地域保健・社会医学部長/教授
  森  亘 日本医学会会長
  Herbert L. Abrams スタンフォード大学医学部放射線科放射線学教授
  Dan Beninson アルゼンチン原子力規制委員会委員長
  Valerie Beral 英国王室がん研究基金がん疫学部長
  Keith H. Lokan オーストラリア国立放射線研究所長
  Albrecht M. Kellerer ミュンヘンLudwig-Maximilians大学
放射線生物学研究所長
  Colin R. Muirhead (技術補佐) 英国放射線防護庁
報告書はこちら