Menu does not appear
-- SiteMap

放射線影響研究所用語集

紫斑

紫斑、すなわち皮下出血は、急性放射線疾患の症状の一つです。原爆被爆後数日から数週間にかけて、重度被爆者は発熱、吐き気、嘔吐、食欲不振、下痢を伴う血便、脱毛、紫斑または点状出血、のどまたは口内のただれ(鼻咽頭潰瘍)、歯ぐきの衰退および潰瘍(壊死性歯肉炎)を経験しています。これらの症状の発生時期はそれぞれ異なりますが、一般的に、重度被爆者においては早くから発生しました。
編集者注:William J Schull著 The Effects of Atomic Radiation. A Half-Century of Studies from Hiroshima and Nagasaki. Wiley-Liss, New York, NY 1995. p12より引用。