Menu does not appear
-- SiteMap

評議員紹介

評議員 早野 龍五

現 職
東京大学大学院理学系研究科 教授
学 歴
1979年 東京大学大学院理学系研究科修了 理学博士(物理学)
職 歴
1997年 東京大学大学院理学系研究科 教授
1986年 東京大学理学部物理学科 准教授
1982年 高エネルギー加速器研究機構(KEK)・大学共同利用機関法人 准教授
1979年 東京大学理学部付属中間子科学実験施設 助教
社会・専門分野の貢献
2001〜2002年 欧州原子核研究機構(CERN)客員教授
1993〜1995年 文部科学省 上級学術調査官
受賞
2009年 第62回中日文化賞
2008年 2008年度仁科記念賞
http://www.nishina-mf.or.jp/NishinaMemorialPrize-E.html
仁科記念賞の歴代受賞者には2008年にノーベル賞を受賞した小林、益川両博士も含まれている。
1998年 第14回井上学術賞
論文(福島原発事故関係)
  1. Hayano et al., Whole-body counter surveys of Miharu-town school children for four consecutive years after the Fukushima NPP accident Proc. Jpn. Acad., Ser. B, 91, 92 (2015)
  2. Hayano et al., Whole-body counter survey results 4 months after the Fukushima Dai-ichi NPP accident in Minamisoma City, Fukushima, J. Radiol. Prot. 34 787 (2014)
  3. Hayano et al., BABYSCAN: a whole body counter for small children in Fukushima, J. Radiol. Prot. 34 645 (2014)
  4. Hayano et al., Estimation of the total population moving into and out of the 20 km evacuation zone during the Fukushima NPP accident as calculated using “Auto-GPS” mobile phone data, Proc. Jpn. Acad., Ser. B, 89, 196 (2013)
  5. Hayano et al., Internal radiocesium contamination of adults and children in Fukushima 7 to 20 months after the Fukushima NPP accident as measured by extensive whole-body-counter surveys, Proc. Jpn. Acad., Ser. B, 89, 157 (2013)