Menu does not appear
-- SiteMap

評議員紹介

評議員 Dr. Shelley A. Hearne

現 職
米国ジョンズ・ホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生学部保健政策・管理学科 客員教授
学 歴
1994年 コロンビア大学公衆衛生学部にて環境保健科学分野における公衆衛生学博士号取得
1988年 コロンビア大学公衆衛生学部にて環境科学分野における公衆衛生学修士号取得
1983年 Bowdoin大学にて化学および環境学分野で学士号取得
職 歴
2008–2012 Pew慈善財団Pew保健グループ担当理事
2006–現在 ジョンズ・ホプキンス大学Bloomberg公衆衛生学部 客員教授
2001–2006年 米国保健トラスト創設執行理事
1999–2005年 ジョンズ・ホプキンス大学Bloomberg公衆衛生学部 非常勤研究員
1999–2001年 Pew環境保健委員会 常任理事
1993–1998年 Pew慈善財団プログラム担当官
1990–1993年 ニュージャージー州環境保護局汚染防止部 部長代理兼室長
1988–1989年 ニュージャージー州環境保護局科学研究部 研究員
1986–1988年 コロンビア大学公衆衛生学部 大学院生研究助手
1983–1986年 自然資源防護協議会科学資源専門官
栄誉、受賞及び学術活動
2007年 米国公衆衛生協会「環境衛生部およびその業務を支援した顕著な功績が認められる環境保健指導者」に贈られる環境衛生部の年間の賞である功労賞
2006年 Frank Lautenberg上院議員記念特別功労賞
2006年 ニュージャージー大学医科歯科大学−Rutgers大学公衆衛生学部卒業式の講演者
2006年 サウスカロライナ大学公衆衛生アーノルド校卒業式の基調講演者
2006年 Delta Omega協会(Alpha Eta支部)名誉メンバーに選出
2004年 Delta Omegaカリキュラム賞(保健推進関連問題)
学会役員等
米国公衆衛生教育評議会米国
ハーバード大学公衆衛生学部 現地視察団 団長(2009年)
エール大学公衆衛生学部 現地視察団 団長(2006年)
役員会 副会長(1999年)
評議員(1995-1998年)
米国公衆衛生協会
役員会 会長(2003年)
副会長(2002年)
役員(1999-2002年)
運営審議会 委員(1994-1997年)
主な論文・著書
  1. Hearne S. Averting a Potential Post-Antibiotic Era, “Antibiotic Resistance: Implications for Global Health and Novel Intervention Strategies: Workshop Summary. Forum on Microbial Threats.” Institute of Medicine, Washington, DC. 2010
  2. Hearne S, “Reducing State Variability in Health Emergency Preparedness Through Federal Standards, Enforcement, and Public Accountability: Lessons from the Environmental Field.” Ethical and Legal Considerations in Mitigating Pandemic Disease: Workshop Summary. National Research Council. Washington, DC. 2007.
  3. Hearne S, Segal L, Earls M, Juliano C, Stephens T. Ready or Not? Protecting the Public’s Health from Diseases, Disasters, and Bioterrorism 2005. Trust for America’s Health. Washington, DC. 2005.
  4. Hamburg M, Hearne S, Levi J, Elliott K, Segal L, Earls M. A Killer Flu? Scientific Experts Estimate that “Inevitable” Major Epidemic of New Influenza Virus Strain Could Result in Millions of Deaths if Preventive Actions Are Not Taken. Trust for America’s Health. Washington, DC. 2005.
  5. Hearne S, Hamburg MA, Segal L. 2004. Commentary: SARS and Its Implications for US Public Health Policy: “We’ve Been Lucky.” Biosecurity and Bioterrorism 2(2).