Menu does not appear
-- SiteMap

その他の学術誌発表論文、2000年

以下の論文は、放影研報告書、解説・総説シリーズ以外の学術誌発表論文です。
言語に用いた略語
J:日本文
E:英文
Ab:第2外国語の抄録あり
EUp:オリジナルは放影研英文ニューズレター RERF Update の記事
NCCLS指針案によるHbA1C基準範囲設定の試み
安達久美子, 江角幸夫, 富村耕太郎, 深田靖彦, 陶山昭彦
日本総合健診医学会誌 27(2):137-41, 2000
Bib#: 2953 言語: J
原爆放射線被曝の甲状腺疾患に及ぼす影響に関する研究
赤星正純
平成11年度厚生科学研究費補助金厚生科学特別研究事業報告書。原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究. 広島, 原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究班, 2000. pp 57-62
Bib#: 2774 言語: J
Evaluation of adult T-cell leukemia/lymphoma incidence and its impact on non-Hodgkin lymphoma incidence in southwestern Japan
Arisawa K, Soda M, Endo S, Kurokawa K, Katamine S, Shimokawa I, Koba T, Takahashi T, Saito H, Doi H, Shirahama S
Int J Cancer 85(3):319-24, 2000
Bib#: 2750 言語: E
Guidelines for irradiation of blood and blood components to prevent post-transfusion graft-vs.-host disease in Japan
Asai T, Inaba S, Ohto H, Osada K, Suzuki G, Takahashi K, Tadokoro K, Minami M
Transfus Med 10(4):315-20, 2000
Bib#: 2857 言語: E
RLGS法
浅川順一
臨床検査 44(6):653-9, 2000
Bib#: 2786 言語: J
2次元ディファレンシャルディスプレイ法を用いた甲状腺癌における遺伝子発現の解析
浅川順一, 小平美江子, 石川直文, 伊藤國彦, 伊藤公一, 長瀧重信
生物物理化学 44(3):177-80, 2000
Bib#: 2826 言語: J(E/Ab)
細胞生命研究に役立つミトコンドリアDNA欠損細胞
伴 貞幸
医学のあゆみ 193(4):254-255, 2000
Bib#: 2760 言語: J
BRCA1およびBRCA2はヒト癌細胞における放射線感受性と染色体不安定性に関与しているか?
伴 貞幸, 篠原智子, 平井裕子, MacPhee DG, 馬淵清彦
長崎医学会雑誌 75(Special Issue):268-71, 2000 (第41回原子爆弾後障害研究会講演集,平成12年)
Bib#: 2833 言語: J
病理標本組織から抽出されたDNAを永久保存化するための全ゲノム増幅の検討
伴 貞幸, 篠原智子, 伊藤正博, 中村 典
広島医学 53(3):225-8, 2000 (第40回原子爆弾後障害研究会講演集,平成11年)
Bib#: 2762 言語: J
Radiation dose dependences in the atomic bomb survivor cancer mortality data: A model-free visualization
Chomentowski M, Kellerer AM, Pierce DA
Radiat Res 153(3):289-94, 2000
Bib#: 2758 言語: E
放射線と肝臓がんに関する複数の部による共同研究
Cologne JB, Sharp GB, Iwamoto KS, 水野照美, 徳岡昭治, 藤原佐枝子
広島医学 53(6):558-61, 2000
Bib#: 2795 言語: J/EUp
Inference about misclassification probabilities from repeated binary responses
Fujisawa H, Izumi S
Biometrics 56(3):706-11, 2000
Bib#: 2796 言語: E
広島における被曝銅試料の収集について
藤田正一郎, 渡辺忠章
平成11年度原爆症に関する調査研究班報告書. 東京, (財)日本公衆衛生協会, 2000. pp 50-2
Bib#: 2768 言語: J
骨粗鬆症に影響を及ぼす因子の評価。ライフスタイル
藤原佐枝子
ホルモンと臨床 48(Special issue):98-102, 2000
Bib#: 2798 言語: J
骨粗鬆症の環境要因−生活習慣と骨粗鬆症
藤原佐枝子
Clinical Calcium 10(12):1563-8, 2000
Bib#: 2869 言語: J(E/Ab)
骨粗鬆症の疫学
藤原佐枝子
骨・関節・靭帯 13(4):323-7, 2000
Bib#: 2800 言語: J
骨粗鬆症性脊椎骨折の疫学−有病率と発生率
藤原佐枝子
Clinical Calcium 10(7):760-6, 2000
Bib#: 2865 言語: J(E/Ab)
骨粗鬆症の治療に関するガイドラインについて
藤原佐枝子
日本醫事新報 No. 3964:26-32, 2000
Bib#: 2864 言語: J
原爆被爆者における肝障害
藤原佐枝子
平成11年度厚生科学研究費補助金厚生科学特別研究事業報告書。原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究. 広島, 原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究班, 2000. pp 78-83
Bib#: 2775 言語: J
骨粗鬆症。危険因子を念頭においた問診のポイント
藤原佐枝子
カレントテラピー 18(2):217-21, 2000
Bib#: 2740 言語: J
骨粗鬆症による脊椎椎体骨折とその頻度
藤原佐枝子
全面改訂 骨粗鬆症Q&A. 森井浩世編. 東京, 医薬ジャーナル社, 2000. pp 51-3
Bib#: 2862 言語: J
骨粗鬆症の危険因子
藤原佐枝子
The Bone 14(1):47-51, 2000
Bib#: 2739 言語: J
無症状からの骨粗鬆症の診療の進めかた
藤原佐枝子
Medical Practice 17(3):411-4, 2000
Bib#: 2799 言語: J
Two major radiation events in the 20th century--Hiroshima and Nagasaki, and Chernobyl
Fujiwara S, Hosoda Y
Curr Topics Radiol 2:13-21, 2000
Bib#: 2861 言語: E
小児に対する放射線被曝の影響
藤原佐枝子, 山田美智子, 児玉和紀
小児科 41(11):2033-9, 2000
Bib#: 2820 言語: J
Liver cancers in Mayak workers
Gilbert ES, Koshurnikova NA, Sokolnikov M, Khokhryakov VF, Miller S, Preston DL, Romanov SA, Shilnikova NS, Suslova KG, Vostrotin VV
Radiat Res 154(3):246-52, 2000
Bib#: 2806 言語: E
慢性関節リウマチに対する新しい抗体療法V
箱田雅之
炎症と免疫 8(1):84-90, 2000
Bib#: 2860 言語: J
原爆被爆者のヒト免疫応答に及ぼす影響。第15報 原爆被爆者の血漿中IL-6および免疫グロブリンレベル
林 奉権, 楠 洋一郎, 牧 真由美, 久保美子, 山岡美佳, 京泉誠之, 笠置文善, 藤原佐枝子, 児玉和紀
広島医学 53(3):253-5, 2000 (第40回原子爆弾後障害研究会講演集,平成11年)
Bib#: 2763 言語: J
免疫組織化学的染色法によるパラフィン包埋乳癌組織におけるBRCA1蛋白質発現の検出
平井裕子, 森宅幸恵, 伴 貞幸, 徳岡昭治, 吉川清次, 高橋 玲, 馬淵清彦, MacPhee DG
長崎医学会雑誌 75(Special Issue):260-3, 2000 (第41回原子爆弾後障害研究会講演集,平成12年)
Bib#: 2831 言語: J
Editorial: Reflections of Zhores Medvedev
Hoffmann GR, MacPhee DG
Mutat Res 462(1):1-2, 2000
Bib#: 2753 言語: E
生物試料保存に関する研究。総括研究報告
井内康輝, 山下俊一, 田中英夫, 土肥博雄, 藤井誠志, 柴田義貞, 高村 昇, 内藤慎二, 藤田委由, 京泉誠之, 平井裕子
平成11年度原爆症に関する調査研究班報告書. 東京, (財)日本公衆衛生協会, 2000. pp 7-33
Bib#: 2767 言語: J
Estimating cancer risk of atomic-bomb survivors considering individual risk variation due to unobserved covariate effects
Izumi S, Ohtaki M
J Radiat Res (Tokyo) 41(4):477, 2000
Bib#: 2866 言語: E
原子爆弾放射線の遺伝的影響:ミニサテライト遺伝子座における突然変異
小平美江子, 中村 典
平成11年度厚生科学研究費補助金厚生科学特別研究事業報告書。原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究. 広島, 原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究班, 2000. pp 131-9
Bib#: 2780 言語: J
Bone cancers in Mayak workers
Koshurnikova NA, Gilbert ES, Sokolnikov M, Khokhryakov VF, Miller S, Preston DL, Romanov SA, Shilnikova NS, Suslova KG, Vostrotin VV
Radiat Res 154(3):237-45, 2000
Bib#: 2805 言語: E
原爆被爆者の免疫系にみられる後障害とその健康に及ぼす影響
楠 洋一郎, 林 奉権, 京泉誠之
放射線生物研究 35(4):315-32, 2000
Bib#: 2823 言語: J
免疫能への影響に関する研究
楠 洋一郎, 京泉誠之
平成11年度厚生科学研究費補助金厚生科学特別研究事業報告書。原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究. 広島, 原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究班, 2000. pp 91-107
Bib#: 2777 言語: J
原爆被爆者の体細胞突然変異に関する研究
京泉誠之, 楠 洋一郎
平成11年度厚生科学研究費補助金厚生科学特別研究事業報告書。原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究. 広島, 原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究班, 2000. pp 108-20
Bib#: 2778 言語: J
放射線の健康影響
長瀧重信
原安協だより No. 174:1-2, 2000
Bib#: 2728 言語: J
原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究
長瀧重信
平成11年度厚生科学研究費補助金厚生科学特別研究事業報告書。原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究. 広島, 原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究班, 2000. pp 1-7
Bib#: 2770 言語: J
第12回国際甲状腺学会。21世紀の甲状腺疾患対策を探る
長瀧重信
JAMA (日本語版) 21(9):13-4, 2000
Bib#: 2816 言語: J
シンポジウム「原爆後障害研究と被爆者の福祉−意義・反省・展望」。司会のことば
長瀧重信
広島医学 53(3):153, 2000 (第40回原子爆弾後障害研究会講演集,平成11年)
Bib#: 2765 言語: J
厚生省委託研究費。原子爆弾障害症に関する調査研究事業。原爆症に関する調査研究。総括研究報告
長瀧重信ら
平成11年度原爆症に関する調査研究班報告書. 東京, (財)日本公衆衛生協会, 2000. pp 3-6
Bib#: 2766 言語: J
放影研主催、線量推定方式再評価のための国際フォーラム
長瀧重信, 藤田正一郎
広島医学 53(8):787-9, 2000
Bib#: 2813 言語: J/EUp
KL-6 as a novel serum marker for interstitial pneumonia associated with collagen diseases
Nakajima H, Harigai M, Hara M, Hakoda M, Tokuda H, Sakai F, Kamatani N, Kashiwazaki S
J Rheumatol 27(5):1164-70, 2000
Bib#: 2859 言語: E
原爆放射線の遺伝的影響調査:過去・現在・未来
中村 典
広島医学 53(3):147-9, 2000 (第40回原子爆弾後障害研究会講演集,平成11年)
Bib#: 2761 言語: J
放射線の遺伝的影響
中村 典
遺伝 54(7):58-63, 2000
Bib#: 2787 言語: J
原爆放射線の健康影響
中村 典
保健物理 35(2):217-23, 2000
Bib#: 2817 言語: J
米国エネルギー省低線量放射線プログラムの紹介
中村 典
放射線生物研究 35(4):412-5, 2000
Bib#: 2825 言語: J
電離放射線による健康影響
中村 典
保健物理 35(3):283-6, 2000 (第10回国際放射線防護学会講演集、広島、2000年5月14-19日)
Bib#: 2818 言語: J
広島原爆から放出された放射線の対称性に関する研究
中村 典, 船本幸代, 阿波章夫
平成11年度原爆症に関する調査研究班報告書. 東京, (財)日本公衆衛生協会, 2000. pp 65-6
Bib#: 2769 言語: J
生物学的線量評価
中村 典, 児玉喜明
平成11年度厚生科学研究費補助金厚生科学特別研究事業報告書。原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究. 広島, 原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究班, 2000. pp 121-30
Bib#: 2779 言語: J
ヒト体細胞の間期核における相同染色体の配置はランダムか?−放射線誘発相互転座データから推測されること
中野美満子, 大瀧一夫, 児玉喜明, 伊藤正博, Cologne JB, 阿波章夫, 中村 典
放射線生物研究 35(4):401-4, 2000
Bib#: 2824 言語: J
主成分分析を用いた原爆被爆者における炎症性検査の解析
中島栄二, 錬石和男
広島医学 53(3):267-9, 2000 (第40回原子爆弾後障害研究会講演集,平成11年)
Bib#: 2764 言語: J
Control of CD4 T cell fate by antigen re-stimulation with or without CTLA-4 engagement 24 h after priming
Nakata Y, Uzawa A, Suzuki G
Int Immunol 12(4):459-66, 2000
Bib#: 2856 言語: E
厚生省派遣の医療支援団の活動
錬石和男
Innervision 15(2):16-7, 2000
Bib#: 2858 言語: J
眼科疾患最近の知見
錬石和男
平成11年度厚生科学研究費補助金厚生科学特別研究事業報告書。原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究. 広島, 原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究班, 2000. pp 84-90
Bib#: 2776 言語: J
原爆被爆者の炎症性指標における被ばく線量と喫煙の関係
錬石和男, 中島栄二
長崎医学会雑誌 75(Special Issue):143-6, 2000 (第41回原子爆弾後障害研究会講演集,平成12年)
Bib#: 2830 言語: J
原爆被爆者における持続的炎症
錬石和男, 中島栄二
ビタミンE研究の進歩 9:148-52, 2000
Bib#: 2976 言語: J
(Book)
大倉久直, 有賀久哲, 加藤和明, 斎藤吉弘, 塩山靖和, 篠原照彦, 土田昌宏, 土井幹雄, 錬石和男, 三橋彰一
核燃料加工施設臨界事故関連健康調査結果検討委員会・報告書. 水戸, 茨城県保健福祉部保健予防課, 2000. 22 p
Bib#: 2836 言語: J
座談会:骨と栄養の基礎と臨床
太田壽城, 江澤郁子, 細井孝之, 藤原佐枝子
The Bone 14(4):473-86, 2000
Bib#: 2868 言語: J
治療効果における個体変動を考慮した多変量生存時間データ解析手法の開発
大瀧 慈, 和泉志津恵, 大谷敬子, 藤田 實
がん治療のあゆみ第19巻. 東京, がん集学的治療研究財団, 2000. pp 17-24
Bib#: 2867 言語: J
放射線とがん以外の疾患による死亡率
Pierce DA, 清水由紀子, Preston DL, 馬淵清彦
広島医学 53(7):632-5, 2000
Bib#: 2812 言語: J/EUp
Age-time patterns for cancer and noncancer excess risks in the atomic bomb survivors
Preston DL, Pierce DA, Shimizu Y
Radiat Res 154(6):733-4, 2000
Bib#: 3057 言語: E
Cancer and noncancer risks in atomic bomb survivors: Recent results
Preston DL, Shimizu Y, Pierce DA, Mabuchi K
In: Radiation Research. Volume 2: Proceedings. Ed by Moriarty M, Mothersill C, Seymour C, Edington M, Ward JF, Fry RJM. Lawrence, Kansas, USA, Allen Press, 2000. pp 759-62 (Proceedings of Eleventh International Congress of Radiation Research, Dublin, Ireland, 18-23 July 1999)
Bib#: 2803 言語: E
第27回放影研専門評議員会の勧告(要旨)
放射線影響研究所
広島医学 53(9):895-9, 2000
Bib#: 2819 言語: J
放射線影響研究所学術誌発表論文目録、1998年
放射線影響研究所
広島医学 53(2):131-5, 2000
Bib#: 2759 言語: J/E
放射線影響研究所学術誌発表論文目録、1999年1月−2000年3月
放射線影響研究所
広島医学 53(11):1045-9, 2000
Bib#: 2834 言語: J
放射線影響研究所理事、監事および専門評議員 2000年8月現在
放射線影響研究所
広島医学 53(10):965, 2000
Bib#: 2827 言語: J
被曝住民の健康管理のあり方と国際基準−放射線生物学の立場から(シンポジウム「東海村臨界事故の放射線被曝に学ぶ」)
佐々木正夫, 早田 勇, 鎌田七男, 児玉喜明, 児玉靖司
長崎医学会雑誌 75(Special Issue):118-20, 2000 (第41回原子爆弾後障害研究会講演集,平成12年)
Bib#: 2829 言語: J
原爆被爆者のがん死亡およびがん発生における放射線被曝の寄与リスクの推定
柴田義貞, 清水由紀子, 陶山昭彦
平成11年度厚生科学研究費補助金厚生科学特別研究事業報告書。原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究. 広島, 原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究班, 2000. pp 41-50
Bib#: 2772 言語: J
原爆後障害研究−その歩みと21世紀への教訓
重松逸造
長崎医学会雑誌 75(Special Issue):93-109, 2000 (第41回原子爆弾後障害研究会講演集,平成12年)
Bib#: 2821 言語: J
The 2000 Sievert Lecture--Lessons from atomic bomb survivors in Hiroshima and Nagasaki
Shigematsu I
Health Phys 79(3):234-41, 2000
Bib#: 2835 言語: E
Cancer risk among workers at the Russian nuclear complex "Mayak"
Shilnikova NS, Preston DL, Vassilenko EK, Gilbert ES, Ron E, Koshurnikova NA
In: Radiation Research. Volume 2: Proceedings. Ed by Moriarty M, Mothersill C, Seymour C, Edington M, Ward JF, Fry RJM. Lawrence, Kansas, USA, Allen Press, 2000. pp 766-9 (Proceedings of Eleventh International Congress of Radiation Research, Dublin, Ireland, 18-23 July 1999)
Bib#: 2804 言語: E
競合RT-PCR法によるBRCA2 mRNA発現の定量的解析
篠原智子, 伴 貞幸, 平井裕子, MacPhee DG, 馬淵清彦
長崎医学会雑誌 75(Special Issue):264-7, 2000 (第41回原子爆弾後障害研究会講演集,平成12年)
Bib#: 2832 言語: J
Residential radon exposure and lung cancer risk in Misasa, Japan: A case-control study
Sobue T, Lee VS, Ye W, Tanooka H, Mifune M, Suyama A, Koga T, Morishima H, Kondo S
J Radiat Res (Tokyo) 41(2):81-92, 2000
Bib#: 2951 言語: E
Birth cohort effects on incidence of lung cancers: A population-based study in Nagasaki, Japan
Soda H, Oka M, Soda M, Nakatomi K, Kawabata S, Suenaga M, Kasai T, Yamada Y, Kamihira S, Kohno S
Jpn J Cancer Res 91(10):960-5, 2000
Bib#: 2822 言語: E
緊急被ばく医療の現状
鈴木 元
新医療 301 (Jan 2000):75-9, 2000
Bib#: 2874 言語: J
JCO臨界事故患者の初期治療
鈴木 元
保健物理 35(1):4-11, 2000
Bib#: 2876 言語: J
放射能汚染と人体障害
鈴木 元
日本臨床皮膚科医学会雑誌 No. 66:343-7, 2000
Bib#: 2878 言語: J
外部放射線被ばくによる急性放射線障害とその治療法
鈴木 元
原安協だより No. 173:4-10, 2000
Bib#: 2902 言語: J
第三次緊急医療機関(放医研)の役割と活動
鈴木 元
Innervision 15(2):18-20, 2000
Bib#: 2875 言語: J
高線量被ばく患者の治療とその問題点
鈴木 元
遺伝子医学 4(4):636-40, 2000
Bib#: 2877 言語: J
(Book)
鈴木 元, 大谷美奈子, 山下俊一, 田中秀治, 錬石和男, 山田美智子
緊急被ばく医療の基礎知識. 長瀧重信(監修), 前川和彦(監修), 鈴木 元編. 2000. 44 p
Bib#: 2792 言語: J
原子爆弾被曝線量評価方法の再評価に関する研究
平良専純, 丸山隆司, Preston DL, 藤田正一郎
平成11年度厚生科学研究費補助金厚生科学特別研究事業報告書。原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究. 広島, 原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究班, 2000. pp 8-23
Bib#: 2771 言語: J
Chernobyl tumor bank (Letter to the Edior)
Thomas GA, Williams ED, Becker DV, Bogdanova TI, Demidchik EP, Lushnikov E, Nagataki S, Ostapenko V, Pinchera A, Souchkevitch G, Tronko MD, Tsyb AF, Tuttle M, Yamashita S
Thyroid 10(12):1126-7, 2000
Bib#: 2872 言語: E
Thyroid tumor banks (Letter)
Thomas GA, Williams ED, Becker DV, Bogdanova TI, Demidchik EP, Lushnikov E, Nagataki S, Ostapenko V, Pinchera A, Souchkevitch G, Tronko MD, Tsyb AF, Tuttle M, Yamashita S
Science 289(5488):2283, 2000
Bib#: 2870 言語: E
Gap junctions and the regulation of cellular functions of stem cells during development and differentiation
Trosko JE, Chang CC, Wilson MR, Upham B, Hayashi T, Wade M
Methods 20(2):245-64, 2000
Bib#: 2757 言語: E
Clinical characteristics and prognosis of hospitalized patients with congestive heart failure. A study in Fukuoka, Japan
Tsuchihashi M, Tsutsui H, Kodama K, Kasagi F, Takeshita A
Jpn Circ J 64(12):953-9, 2000
Bib#: 2838 言語: E
持続可能な開発と健康。WHOを中心とした最近の国際保健動向
臼田 寛, 藤原美沙, 陶山昭彦, 玉城英彦
日本公衆衛生雑誌 47(2):101-5, 2000
Bib#: 2954 言語: J
The second international intercomparison on EPR tooth dosimetry
Wieser A, Mehta K, Amira S, et al (RERF: Nakamura N)
Radiat Meas 32:549-57, 2000
Bib#: 3053 言語: E
良性腫瘍に関する研究
山田美智子
平成11年度厚生科学研究費補助金厚生科学特別研究事業報告書。原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究. 広島, 原子爆弾被曝線量評価方法の再評価及び健康影響に関する研究班, 2000. pp 51-6
Bib#: 2773 言語: J
高齢者の認知機能障害の検討−Cognitive Abilities Screening Instrument (CASI)による評価
山田美智子, 三森康世, 佐々木英夫, 池田順子, 中村重信, 児玉和紀
日本老年医学会雑誌 37(1):56-62, 2000
Bib#: 2781 言語: J
第12回在北米被爆者健康診断成績
山本泰次, 大濱紘三, 藤原佐枝子, 澤村明廣, 小山幸次郎, 吉田知己, 河村智一, 佐藤裕恵, 石井泰史, 本田奈央, 渡辺忠章, 山中一成, 畠山京子, 石原聖司, 河野通村, 堀江 裕, 真田幸三
広島医学 53(6):479-503, 2000
Bib#: 2794 言語: J/E
TSH受容体異常症
横山直方, 長瀧重信
難病の最新情報−疫学から臨床・ケアまで. 大野良之,田中平三,中谷比呂樹,黒川 清,齋藤英彦編. 東京, 南山堂, 2000. p 115
Bib#: 2790 言語: J