Menu does not appear
-- SiteMap

その他の学術誌発表論文、2002年

以下の論文は、放影研報告書、解説・総説シリーズ以外の学術誌発表論文です。
言語に用いた略語
J:日本文
E:英文
Ab:第2外国語の抄録あり
EOr:オリジナルは他の学術誌に発表された英文
EUp:オリジナルは放影研英文ニューズレター RERF Update の記事
甲状腺機能亢進症に対する放射線ヨード治療後の発癌の検討
芦澤潔人, 石井玲子, 井手 茜, 今泉美彩, 宇佐俊郎, 江島英理, 江口勝美
長崎医学会雑誌 77(Special Issue):301-3, 2002(第43回原子爆弾後障害研究会講演集,平成14年)
Bib#: 3068 言語: J
骨髄異形成症候群を発症した原爆被爆者の末梢血単核細胞における放射線感受性と塩基対除去修復遺伝子の発現
伴 貞幸, 藏本 憲, 小田健司, 田中英夫, 木村昭郎, 鈴木 元, 今井高志
広島医学 55(3):216-8, 2002(第42回原子爆弾後障害研究会講演集,平成13年)
Bib#: 2994 言語: J
Retrospective reconstruction of the radiation doses in the Chernobyl NPs accident liquidators by EPR spectrometry of teeth enamel
Brimkulov NN, Nakamura N, Abdullina AA, Toktosunov A
Kyrgyz-Russian Slavonic Univ Herald 2(1):68-72, 2002
Bib#: 3016 言語: O
原爆被爆者のパラフィン包埋乳がん組織におけるBRCA1遺伝子のプロモーター領域のメチル化パターンに関する研究
Cao J, 濱崎幹也, 井上敏江, 高橋恵子, 徳岡昭治, 平井裕子, MacPhee DG
長崎医学会雑誌 77(Special Issue):313-5, 2002(第43回原子爆弾後障害研究会講演集,平成14年)
Bib#: 3070 言語: J
Probability of causation of liver disease for radiation exposure: Impact of interaction with hepatitis-C virus
Cologne JB, Pawel DJ, Sharp GB, Fujiwara S
In: Proceedings of the First Asian and Oceanic Congress for Radiation Protection (AOCRP-1) [CD-ROM]. Ed by AOCRP-1 Secretariat. Seoul, Korea, AOCRP-1 Secretariat, 2002. Session/OP-1B/OP-1B-5
Bib#: 3039 言語: E
Involvement of TNF-alpha changes in human cancer development, prevention and palliative care
Fujiki H, Suganuma M, Okabe S, Kurusu M, Imai K, Nakachi K
Mech Ageing Dev 123(12):1655-63, 2002
Bib#: 3074 言語: E
広島における被曝銅試料の収集
藤田正一郎, 渡辺忠章, 若本清文, 小田崇志
平成13年度原爆症に関する調査研究班報告書. 東京,(財)日本公衆衛生協会, 2002. pp 62-6
Bib#: 2970 言語: J
我が国の骨粗鬆症の疫学―特に椎体骨折について
藤原佐枝子
実験 治療 No. 667:124-7, 2002
Bib#: 3088 言語: J
疫学:(1)骨粗鬆症、骨折の有病率
藤原佐枝子
最新医学 Extra Issue:19-24, 2002
Bib#: 3085 言語: J
高齢者の生活運動機能の評価法
藤原佐枝子
整形・災害外科 45(7):705-13, 2002
Bib#: 3089 言語: J
骨粗鬆症の危険因子
藤原佐枝子
臨床医 28(8):1790-1, 2002
Bib#: 3086 言語: J
大腿骨近位部DXA
藤原佐枝子, 曽根照喜, 友光達志, 福永仁夫
Osteoporosis Japan 10(3):420-1, 2002
Bib#: 3087 言語: J
被爆二世健康影響調査の意義・放影研調査の概要
藤原佐枝子, 陶山昭彦, 鈴木 元, 赤星正純, 小山幸次郎, 中地 敬, 平良専純
長崎医学会雑誌 77(Special Issue):170-3, 2002(第43回原子爆弾後障害研究会講演集,平成14年)
Bib#: 3058 言語: J
RAの予後と規定因子
箱田雅之
リウマチ科 27 (Supplement 1):627-31, 2002
Bib#: 3090 言語: J
動脈硬化との関連が示唆されている微生物感染の原爆被爆者における調査
箱田雅之, 楠 洋一郎, 林 奉権, 京泉誠之, 藤原佐枝子, 鈴木 元, 赤星正純, 笠置文善
長崎医学会雑誌 77(Special Issue):235-7, 2002(第43回原子爆弾後障害研究会講演集,平成14年)
Bib#: 3063 言語: J
Cannabis use and cancer
Hall W, MacPhee DG
Addiction 97(3):243-7, 2002
Bib#: 3007 言語: E
保存パラフィン包埋甲状腺癌組織の全RNAを用いたret遺伝子再配列の解析への新しいcDNA増幅プロトコールの適用
濱谷清裕, 牧 真由美, 長村浩子, 平井裕子, MacPhee DG
長崎医学会雑誌 77(Special Issue):304-7, 2002(第43回原子爆弾後障害研究会講演集,平成14年)
Bib#: 3069 言語: J
パラフィン包埋組織からのRNAの増幅に関する検討
濱谷清裕, 牧 真由美, 長村浩子, 矢野志保, 平井裕子, MacPhee DG
広島医学 55(3):239-40, 2002(第42回原子爆弾後障害研究会講演集,平成13年)
Bib#: 2996 言語: J
原爆放射線のヒト免疫応答に及ぼす影響(第17報):原爆放射線における炎症応答マーカーの放射線量依存的上昇
林 奉権, 楠 洋一郎, 箱田雅之, 森下ゆかり, 久保美子, 笠置文善, 児玉和紀, MacPhee DG, 京泉誠之
長崎医学会雑誌 77(Special Issue):231-4, 2002(第43回原子爆弾後障害研究会講演集,平成14年)
Bib#: 3062 言語: J
Laser capture microdissection (LCM)法を用いて抽出した長期保存パラフィン組織のRNA、DNAの分子腫瘍学研究における有用性の検討
平井裕子, 矢野志保, 高橋恵子, 篠原智子, 杉山佳代, 水野睦美, 小山幸次郎, 濱谷清裕, 徳岡昭治, MacPhee DG
広島医学 55(3):236-8, 2002(第42回原子爆弾後障害研究会講演集,平成13年)
Bib#: 2995 言語: J
Editorial. Reflections of Edward Calabrese on hormesis
Hoffmann GR, MacPhee DG
Mutat Res 511(3):179, 2002
Bib#: 3020 言語: E
原爆線量体系(DS86)から新線量評価体系(DS02)への移行について
星 正治, 静間 清, 岡 隆光, 岩谷和夫, 遠藤 暁, 高田 純, 藤田正一郎, 今中哲二, 柴田徳思, 小村和久, 長島泰夫, 関 李紀, 中西 孝, 葉佐井博巳
平成13年度原爆症に関する調査研究班報告書. 東京,(財)日本公衆衛生協会, 2002. pp 43-53
Bib#: 2969 言語: J
生物試料保存に関する研究
井内康輝, 山下俊一, 烏帽子田 彰, 土肥博雄, 田中英夫, 金子真弓, 柴田義貞, 高村 昇, 内藤慎二, 鈴木 元, 京泉誠之, 小山幸次郎, 陶山昭彦, 早田みどり
平成13年度原爆症に関する調査研究班報告書. 東京,(財)日本公衆衛生協会, 2002. pp 6-24
Bib#: 2968 言語: J
A "gender blind" relationship of lean body mass and blood pressure in the Tecumseh study
Julius S, Majahalme S, Nesbitt S, Grant EJ, Kaciroti N, Ombao H, Vriz O, Valentini MC, Amerena J, Gleiberman L
Am J Hypertens 15(3):258-63, 2002
Bib#: 2999 言語: E
Spectrum of Znfn1a1 (Ikaros) inactivation and its association with loss of heterozygosity in radiogenic T-cell lymphomas in susceptible B6C3F1 mice
Kakinuma S, Nishimura M, Sasanuma S, Mita K, Suzuki G, Katsura Y, Sado T, Shimada Y
Radiat Res 157(3):331-40, 2002
Bib#: 3084 言語: E
Reassessment of the cancer mortality risk among Hiroshima atomic-bomb survivors using a new dosimetry system, ABS2000D, compared with ABS93D
Katayama H, Matsuura M, Endo S, Hoshi M, Ohtaki M, Hayakawa N
J Radiat Res (Tokyo) 43(1):53-63, 2002
Bib#: 2971 言語: E
Genetic effects of atomic-bomb radiation: Analysis of minisatellite genes
Kodaira M
In: Proceedings of the Workshop: Recognition of DNA damage as onset of successful repair: Computational and experimental approaches. Ed by Pinak M. Tokai-mura, Ibaraki, Dept of Health Physics, Tokai Research Establishment, Japan Atomic Energy Research Institute, 2002. pp 43-57
Bib#: 3048 言語: E

ヒト・ミニサテライトでの突然変異率への影響を指標とした放射線の遺伝的影響
小平美江子
放射線生物研究 37(3):264-81, 2002
Bib#: 3046 言語: J

ヒトにおける放射線の遺伝的影響:ミニサテライト遺伝子座における突然変異
小平美江子
長崎医学会雑誌 77(Special Issue):188-91, 2002 (第43回原子爆弾後障害研究会講演集,平成14年)
Bib#: 3059 言語: J
Cancer prevention--Lessons learned from the ABCC/RERF Life Span Study
Kodama K
In: RERF International Symposium of Cancer Prevention: Molecular and Cellular Aspects. Abstracts. Ed by RERF. Hiroshima, RERF, 2002. pp 16-7
Bib#: 3032 言語: E
Studies on the Mayak nuclear workers: health effects
Koshurnikova NA, Gilbert ES, Shilnikova NS, Sokolnikov M, Preston DL, Kreisheimer M, Ron E, Okatenko PV, Romanov SA
Radiat Environ Biophys 41(1):29-31, 2002
Bib#: 3005 言語: E
Studies on the Ozyorsk population: health effects
Koshurnikova NA, Mushkacheva GS, Shilnikova NS, Rabinovich EI, Petrushkina NP, Hall P, Bolotnikova MG, Preston DL, Ron E
Radiat Environ Biophys 41(1):37-9, 2002
Bib#: 3006 言語: E
Studies on the extended Techa river cohort: cancer risk estimation
Kossenko MM, Preston DL, Krestinina LY, Degteva MO, Startsev NV, Thomas T, Vyushkova OV, Anspaugh LR, Napier BA, Kozheurov VP, Ron E, Akleyev AV
Radiat Environ Biophys 41(1):45-8, 2002
Bib#: 2966 言語: E
Chromosomal instability and radiosensitivity in myelodysplastic syndrome cells
Kuramoto K, Ban S, Oda K, Tanaka H, Kimura A, Suzuki G
Leukemia 16(11):2253-8, 2002
Bib#: 3054 言語: E
原爆放射線のヒト免疫応答に及ぼす影響(第18報):心筋梗塞の既往歴を有する原爆被爆者の黄色ブドウ球菌毒素に対するT細胞の応答能低下とナイーブCD4 T細胞の減損
楠 洋一郎, 山岡美佳, 笠置文善, 林 奉権, 児玉和紀, 京泉誠之
長崎医学会雑誌 77(Special Issue):238-41, 2002(第43回原子爆弾後障害研究会講演集,平成14年)
Bib#: 3064 言語: J
原爆放射線のヒト免疫応答に及ぼす影響。第16報:黄色ブドウ球菌毒素に対するT細胞の反応
楠 洋一郎, 山岡美佳, 小山和章, 牧 真由美, 森下ゆかり, 林 奉権, 京泉誠之
広島医学 55(3):284-6, 2002(第42回原子爆弾後障害研究会講演集,平成13年)
Bib#: 2998 言語: J
リンパ球の寿命と免疫記憶―T細胞ホメオスタシスに関する最近の話題
京泉誠之, 楠 洋一郎, 林 奉権
臨床免疫 38(2):213-20, 2002
Bib#: 3038 言語: J
原爆放射線のヒト免疫応答に及ぼす影響(第20報):CD4メモリーTリンパ球の亜集団と原爆被爆者におけるメモリーTリンパ球のクローン性増殖
京泉誠之, 大原高秋, 楠 洋一郎, 林 奉権, 小山和章
長崎医学会雑誌 77(Special Issue):248-52, 2002 (第43回原子爆弾後障害研究会講演集,平成14年)
Bib#: 3066 言語: J
Cancer susceptibility in relation to the biology of cancer
MacPhee DG
In: RERF International Symposium of Cancer Prevention: Molecular and Cellular Aspects. Abstracts. Ed by RERF. Hiroshima, RERF, 2002. pp 38-9
Bib#: 3035 言語: E

Estrogen receptor beta is expressed in human stomach adenocarcinoma
Matsuyama S, Ohkura Y, Eguchi H, Kobayashi Y, Akagi K, Uchida K, Nakachi K, Gustafsson J-A, Hayashi S
J Cancer Res Clin Oncol 128(6):319-24, 2002
Bib#: 3014 言語: E

Molecular-epidemiological evidence for cancer immuno-prevention
Nakachi K
In: RERF International Symposium of Cancer Prevention: Molecular and Cellular Aspects. Abstracts. Ed by RERF. Hiroshima, RERF, 2002. pp 20-1
Bib#: 3033 言語: E
核実験場付近の住民にみられた遺伝子の突然変異
中村 典
遺伝 56(3):21-4, 2002
Bib#: 3010 言語: J
Quest of radiation sensitive individuals
Nakamura N
In: RERF International Symposium of Cancer Prevention: Molecular and Cellular Aspects. Abstracts. Ed by RERF. Hiroshima, RERF, 2002. pp 36-7
Bib#: 3034 言語: E
An analysis of persistent inflammation among atomic bomb survivors with respect to sex and age at the time of the bombings
Neriishi K, Nakashima E
In: International Congress Series 1236. Ed by Sugihara T, Nikaido O, Niwa O. Amsterdam, Netherlands, Elsevier Science B.V., 2002. pp 71-4 (Proceedings of the International Symposium on Radiation and Homeostasis)
Bib#: 3083 言語: E
原爆被爆者成長障害と炎症の関係
錬石和男, 中島栄二, 鈴木 元
長崎医学会雑誌 77(Special Issue):227-30, 2002(第43回原子爆弾後障害研究会講演集,平成14年)
Bib#: 3061 言語: J
Estradiol stabilizes p53 protein in breast cancer cell line, MCF-7
Okumura N, Saji S, Eguchi H, Hayashi S, Saji S, Nakashima S
Jpn J Cancer Res 93(8):867-73, 2002
Bib#: 3028 言語: E
Distinct promoter hypermethylation of p16INK4a, CDH1, and RAR-beta in intestinal, diffuse-adherent, and diffuse-scattered type gastric carcinomas
Oue N, Motoshita J, Yokozaki H, Hayashi K, Tahara E, Taniyama K, Matsusaki K, Yasui W
J Pathol 198(1):55-9, 2002
Bib#: 3043 言語: E
Age-time patterns of radiogenic cancer risk: their nature and likely explanations
Pierce DA
J Radiol Prot 22(3A):A147-54, 2002
Bib#: 3045 言語: E
2001年度発表論文の要旨(臨床関連)
放射線影響研究所
広島医学 55(6):547-9, 2002
Bib#: 3022 言語: J
第29回放影研専門評議員会勧告(要旨)
放射線影響研究所
広島医学 55(10):828-34, 2002
Bib#: 3075 言語: J
放射線影響研究所学術誌発表論文目録、2001年4月−2002年3月
放射線影響研究所
広島医学 55(11):890-7, 2002
Bib#: 3092 言語: J
放影研ニュース
放射線影響研究所
広島医学 55(7):584, 2002
Bib#: 3024 言語: J
DNAマイクロアレイのCGH法への適用の試み
佐々木圭子, 津山尚宏, 伊藤正博, 小平美江子, 檀上稲穂, 京泉誠之, 新川詔夫, 藤山秋佐夫, 高橋規郎
広島医学 55(3):280-3, 2002 (第42回原子爆弾後障害研究会講演集,平成13年)
Bib#: 2997 言語: J
マイクロアレイcomparative genomic hybridization(アレイCGH)法を用いた原爆放射線の遺伝的影響調査―予備実験
佐々木圭子, 津山尚宏, 小平美江子, 伊藤正博, 杉田恵子, 片山博昭, 藤山秋佐夫, 檜山桂子, 檜山英三, 高橋規郎
長崎医学会雑誌 77(Special Issue):316-20, 2002 (第43回原子爆弾後障害研究会講演集,平成14年)
Bib#: 3071 言語: J
Vegetable and fruit consumption and cancer mortality in the Hiroshima/Nagasaki Life Span Study
Sauvaget C, Allen N, Hayashi M, Spencer E, Nagano J
In: Proceedings of the 16th IEA World Congress of Epidemiology. Montreal, Quebec, Canada, International Epidemiological Association, 2002. WP121
Bib#: 3042 言語: E
Does radiation cause liver cancer? Comparison of radiation effects in atomic bomb survivors and other populations
Sharp GB
In: International Congress Series 1236. Ed by Sugihara T, Nikaido O, Niwa O. Amsterdam, Netherlands, Elsevier Science B.V., 2002. pp 59-66 (Proceedings of the International Symposium on Radiation and Homeostasis)
Bib#: 3026 言語: E
Increased risk of hepatocellular carcinoma for hepatitis C virus infections among persons with acute radiation exposure
Sharp GB, Cologne JB, Tokuoka S
Am J Epidemiol 155(11):S27, 2002 (Abstract) (Abstracts of the 35th Annual Meeting of Society for Epidemiologic Research, Palm Desert, California, 18-21 June 2002)
Bib#: 3072 言語: E
Increased risk of hepatocellular carcinoma for hepatitis C virus infections among persons with acute radiation exposure, lack of association with cirrhosis
Sharp GB, Cologne JB, Tokuoka S
In: Proceedings of the 16th IEA World Congress of Epidemiology. Montreal, Quebec, Canada, International Epidemiological Association, 2002. TP31
Bib#: 3041 言語: E
Radiation effects on cancer and noncancer mortality among atomic bomb survivors
Shimizu Y, Preston DL, Pierce DA
In: Proceedings of the 16th IEA World Congress of Epidemiology. Montreal, Quebec, Canada, International Epidemiological Association, 2002. OC.07.2
Bib#: 3023 言語: E
被爆二世郵便調査の概要、進捗報告および今後の計画
陶山昭彦, 小山幸次郎, Grant EJ, 児玉和紀, 中地 敬, 渡辺忠章, 藤原佐枝子, 鈴木 元, 赤星正純, Preston DL, 平良専純
長崎医学会雑誌 77(Special Issue):274-9, 2002(第43回原子爆弾後障害研究会講演集,平成14年)
Bib#: 3067 言語: J
統計ソフトの利用:データの正しい活用法について
陶山昭彦, 汐田剛史
EBMジャーナル 3(2):236-44, 2002
Bib#: 2962 言語: J
Disease prevention in the Adult Health Study (AHS) program
Suzuki G
In: RERF International Symposium of Cancer Prevention: Molecular and Cellular Aspects. Abstracts. Ed by RERF. Hiroshima, RERF, 2002. pp 14-5
Bib#: 3031 言語: E
放影研における臨床研究の方向性
鈴木 元
広島医学 55(3):138-40, 2002(第42回原子爆弾後障害研究会講演集,平成13年)
Bib#: 2992 言語: J
Radiation effect on non-cancer diseases among A-bomb survivors
Suzuki G, Akahoshi M, Fujiwara S, Neriishi K, Yamada M, Hakoda M
In: Proceedings of the First Asian and Oceanic Congress for Radiation Protection (AOCRP-1) [CD-ROM]. Ed by AOCRP-1 Secretariat. Seoul, Korea, AOCRP-1 Secretariat, 2002. Session/OP-1c/OP-1c-1
Bib#: 3040 言語: E
Histone acetylation and retinoic acid receptor beta DNA methylation as novel targets for gastric cancer therapy
Tahara E
Drug News Perspect 15(9):1-5, 2002
Bib#: 3049 言語: E
原爆症に関する調査研究。総括研究報告
平良専純ら
平成13年度原爆症に関する調査研究班報告書. 東京,(財)日本公衆衛生協会, 2002. pp 3-5
Bib#: 2967 言語: J
原爆放射線の遺伝的影響を効率良く調査するための方法―DNAマイクロアレイ法の導入
高橋規郎
長崎医学会雑誌 77(Special Issue):192-7, 2002(第43回原子爆弾後障害研究会講演集,平成14年)
Bib#: 3060 言語: J
Endogenous sex hormones and breast cancer in postmenopausal women: reanalysis of nine prospective studies
The Endogenous Hormones and Breast Cancer Collaborative Group (RERF: Neriishi K)
J Natl Cancer Inst 94(8):606-16, 2002
Bib#: 3056 言語: E
Health expectancies in Japan: Gender differences and policy implications for women
Tsuji I, Sauvaget C, Hisamichi S
J Women & Aging 14(1/2):135-48, 2002
Bib#: 3051 言語: E
Estimation of mutation rate at human glycophorin A locus in hematopoietic stem cell progenitors
Vickers MA, Hoy T, Lake H, Kyoizumi S, Boyse J, Hewitt M
Environ Mol Mutagen 39(4):333-41, 2002
Bib#: 3015 言語: E
ヘモグロビン値の経年的変化と被曝の影響
山田美智子, Wong FL, 藤原佐枝子, 赤星正純, 鈴木 元
広島医学 55(3):153-5, 2002(第42回原子爆弾後障害研究会講演集,平成13年)
Bib#: 2993 言語: J
第13回在北米被爆者健康診断成績
山本泰次, 大田典也, 占部 武, 箱田雅之, 小山幸次郎, 中岡浩一, 白神邦浩, 尾形 聡, 時田大輔, 白山裕子, 渡辺忠章, 篠田英雄, 角 孝, 福島寿哉, 福元治朗, 成井 進, 真田幸三
広島医学 55(5):381-403, 2002
Bib#: 3012 言語: J/E
原爆放射線のヒト免疫応答に及ぼす影響(第19報):成人で被爆した原爆被爆者のメモリーCD4 T細胞集団におけるT細胞レパートリーの偏り
山岡美佳, 楠 洋一郎, 笠置文善, 林 奉権, 京泉誠之
長崎医学会雑誌 77(Special Issue):242-7, 2002(第43回原子爆弾後障害研究会講演集,平成14年)
Bib#: 3065        言語: J
Role of magnetic resonance imaging in the assessment of disease activity in thyroid-associated ophthalmopathy
Yokoyama N, Nagataki S, Uetani M, Ashizawa K, Eguchi K
Thyroid 12(3):223-7, 2002
Bib#: 2973        言語: E