Menu does not appear
-- SiteMap

その他の学術誌発表論文、1996年

以下の論文は、放影研報告書、解説・総説シリーズ以外の学術誌発表論文です。
言語に用いた略語
J:日本文
E:英文
Ab:第2外国語の抄録あり
EUp:オリジナルは放影研英文ニューズレター RERF Update の記事
被爆者における軽症うつ症
赤星正純
平成7年度 原爆症に関する調査研究班報告書. 東京, (財)日本公衆衛生協会, 1996. pp 27-9
Bib#: 2335言語: J
Monitoring exposure to atomic bomb radiation by somatic mutation
Akiyama M, Kyoizumi S, Kusunoki Y, Hirai Y, Tanabe K, Cologne JB
Environ Health Perspect 104S3:493-6, 1996 (Proceedings of the 2nd International Conference on Environmental Mutagens in Human Populations, Prague, Czech Republic, 20-25 August 1995)
Bib#: 2357 言語: E
核酸の高分解能2次元電気泳動法を用いたRLGS改良法
浅川順一
蛋白質 核酸 酵素 41:170-7, 1996
Bib#: 2416 言語: J
被爆二世の生殖細胞突然変異を検出するための新技法:核酸の2次元電気泳動
浅川順一, 小平美江子, 金岡里充, 佐藤千代子
広島医学 49:431-3, 1996 (第36回原子爆弾後障害研究会講演集,平成7年)
Bib#: 2351 言語: J
チェルノブイリ原発事故後の周辺地区における小児甲状腺疾患とCs-137体内被曝線量
芦澤潔人, 山下俊一, 難波裕幸, 横山直方, 伊東正博, 星 正治, 柴田義貞, 長瀧重信
広島医学 49:388-90, 1996 (第36回原子爆弾後障害研究会講演集,平成7年)
Bib#: 2349 言語: J
National Death Index (NDI)による在米被爆者の追跡調査
藤田委由, 馬淵清彦, 伊藤千賀子
平成7年度 原爆症に関する調査研究班報告書. 東京, (財)日本公衆衛生協会, 1996. pp 15-6
Bib#: 2334 言語: J
骨粗しょう症の危険因子とQOL
藤原佐枝子
骨代謝とQOL. 藤田拓男編. 東京, 医薬ジャーナル社, 1996. pp 112-21
Bib#: 2411 言語: J
疫学からみた骨粗鬆症
藤原佐枝子
産婦人科治療 72:279-83, 1996
Bib#: 2412 言語: J
椎体骨折の頻度と分布
藤原佐枝子
Clin Calcium 6:819-21, 1996
Bib#: 2413 言語: J
骨粗鬆症による骨折の疫学
藤原佐枝子
アニテックス 8:295-9, 1996
Bib#: 2414 言語: J
Epidemiological study of osteoporosis in a Japanese population
Fujiwara S
HK J Gerontol 10 (Suppl):300-2, 1996 (Proceedings of 5th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Hong Kong, 19-23 November 1995)
Bib#: 2415 言語: E
原爆被爆者を対象とした肝疾患の血清疫学的研究
藤原佐枝子, 吉澤浩司
平成7年度 原爆症に関する調査研究班報告書. 東京, (財)日本公衆衛生協会, 1996. pp 36-7
Bib#: 2337 言語: J
T細胞抗原受容体(TCR)遺伝子突然変異の早期検出法
石岡奈穂子, 京泉誠之, 梅木繁子, 平井裕子, 鈴木隆子, 児玉尚志, 大濱紘三, 秋山實利
広島医学 49:437-40, 1996 (第36回原子爆弾後障害研究会講演集,平成7年)
Bib#: 2353 言語: J
チェルノブイリ周辺地域における小児甲状腺癌の組織学的特徴
伊東正博, 山下俊一, 芦澤潔人, 原 健, 難波裕幸, 星 正治, 柴田義貞, 関根一郎, Panasyuk GD, 長瀧重信
広島医学 49:361-3, 1996 (第36回原子爆弾後障害研究会講演集,平成7年)
Bib#: 2348 言語: J
穿刺吸引細胞診からみたチェルノブイリ周辺地区での小児甲状腺疾患の特徴
伊東正博, 山下俊一, 芦澤潔人, 西川智子, 難波裕幸, 関根一郎, 星 正治, 柴田義貞, 長瀧重信
長崎医学会雑誌 71(Special issue):230-3, 1996 (第37回原子爆弾後障害研究会講演集,平成8年)
Bib#: 2395 言語: J
分子腫瘍学/疫学調査における数十年保存された組織の使用可能性について
Iwamoto KS, 水野照美, 伊藤 敬, 秋山實利, 武市宣雄, 馬淵清彦, 瀬山敏雄
長崎医学会雑誌 71:224-9, 1996 (第37回原子爆弾後障害研究会講演集,平成8年)
Bib#: 2394 言語: J
原爆被爆者における放射線低線量被曝と疾病有病率に関する研究
笠置文善, 児玉和紀, 山田美智子, 藤原佐枝子
平成7年度 原爆症に関する調査研究班報告書. 東京, (財)日本公衆衛生協会, 1996. pp 71-2
Bib#: 2340 言語: J
サーベイランスと疾病登録
児玉和紀
疫学マニュアル(第5版). 柳川 洋編. 東京, 南山堂, 1996. pp 65-87
Bib#: 2499 言語: J
サーベイランス
児玉和紀
疫学テキストI. 柳川 洋、田中平三編. 東京, 南江堂, 1996. pp 179-91
Bib#: 2494 言語: J
Profiles of non-cancer diseases in atomic bomb survivors
Kodama K, Fujiwara S, Yamada M, Kasagi F, Shimizu Y, Shigematsu I
World Health Stat Q 49:7-16, 1996
Bib#: 2409 言語: E
運動の疫学と老化指標
児玉和紀, 笠置文善, 藤田正一郎, 藤田委由
最新医学 51:368-76, 1996
Bib#: 2410 言語: J
原爆被爆者における子宮筋腫有病率の研究
児玉和紀, 河村幸子, 笠置文善, 藤原佐枝子, 山田美智子
平成7年度 原爆症に関する調査研究班報告書. 東京, (財)日本公衆衛生協会, 1996. pp 38-9
Bib#: 2338 言語: J
A long-term cohort study of the atomic-bomb survivors
Kodama K, Mabuchi K, Shigematsu I
J Epidemiol 6 (Suppl):S95-S105, 1996
Bib#: 2408 言語: E
原爆被爆者における安定型染色体異常頻度−遮蔽状況と線量反応関係
児玉喜明, Pawel DJ, 中野美満子, 大瀧一夫, 中村 典, 阿波章夫
広島医学 49:319-21, 1996 (第36回原子爆弾後障害研究会講演集,平成7年)
Bib#: 2346 言語: J
Studies of the inheritance of human ribosomal DNA variants detected in two-dimensional separations of genomic restriction fragments
Kuick R, Asakawa J, Neel JV, Kodaira M, Satoh C, Thoraval D, Gonzalez IL, Hanash SM
Genetics 144:307-16, 1996
Bib#: 2417 言語: E
原爆放射線のヒト免疫応答に及ぼす影響(12)。限界希釈解析法を用いたT細胞機能の解析
楠 洋一郎, 森下ゆかり, 牧 真由美, 京泉誠之, 平井裕子, 秋山實利, 児玉和紀
長崎医学会雑誌 71(Special issue):218-23, 1996 (第37回原子爆弾後障害研究会講演集,平成8年)
Bib#: 2393 言語: J
抗原レセプターを欠損する突然変異T細胞の性質と動態
京泉誠之
炎症と免疫 4:33-41, 1996
Bib#: 2323 言語: J
原爆投下50年後と現在のがんリスク
馬淵清彦, Pierce DA, 清水由紀子, Preston DL
広島医学 49:277-9, 1996 (第36回原子爆弾後障害研究会講演集,平成7年)
Bib#: 2341 言語: J
ABS93Dによる広島県在住原爆被爆者の胃・肺・乳・結腸癌死亡のリスク評価
松浦正明, 早川式彦, 星 正治, 下方浩史, 大瀧 慈, 笠置文善, 池内 実, 隅田治行, 平岡正行
広島医学 49:310-3, 1996 (第36回原子爆弾後障害研究会講演集,平成7年)
Bib#: 2344 言語: J
トロトラスト症患者に発生した悪性腫瘍の遺伝子解析
森 武三郎, 瀬山敏雄
平成7年度 原爆症に関する調査研究班報告書. 東京, (財)日本公衆衛生協会, 1996. pp 46-7
Bib#: 2339 言語: J
Overview: Proposal from Nagasaki
Nagataki S
In: Nagasaki Symposium. Radiation and Human Health: Proposal from Nagasaki. Ed by Nagataki S, Yamashita S. Amsterdam, The Netherlands, Elsevier Science B.V., 1996. pp xi-xviii (Proceedings of the Nagasaki Symposium '95, 50th Anniversary Meeting of the Atomic Bombing in Nagasaki, Nagasaki, Japan, 19 September 1995)
Bib#: 2560 言語: E
原爆被爆者における歯エナメル質のESR。被曝線量評価とその意義−原爆による被曝線量の謎解き
中村 典, 宮澤忠蔵
医学のあゆみ 178:228-9, 1996
Bib#: 2381 言語: J
Biodosimetry: chromosome aberration in lymphocytes and electron paramagnetic resonance in tooth enamel from atomic bomb survivors
Nakamura N, Miyazawa C, Akiyama M, Sawada S, Awa AA
World Health Stat Q 49:67-71, 1996
Bib#: 2441 言語: E
原爆被爆者から提供された抜去歯を用いた電子スピン共鳴法(ESR)による被曝線量評価
中村 典, 宮澤忠蔵, 澤田昭三, 秋山實利, 阿波章夫
広島医学 49:314-8, 1996 (第36回原子爆弾後障害研究会講演集,平成7年)
Bib#: 2345 言語: J
原爆被爆者における安定型染色体異常の検出−通常染色法とFISH法の比較
中野美満子, 児玉喜明, 大瀧一夫, 中村 典, 阿波章夫
広島医学 49:322-3, 1996 (第36回原子爆弾後障害研究会講演集,平成7年)
Bib#: 2347 言語: J
Analysis of extra-trinomial data from developmental toxicity experiments using estimating equations
Nakashima E
Jpn J Biometrics 17:1-13, 1996
Bib#: 2445 言語: E
原爆被爆者における全充実性腫瘍発生率のMoolgavkar-Venzon-Knudsonの発癌モデルによる解析
中島栄二, 中村佳子, Preston DL
広島医学 49:306-9, 1996 (第36回原子爆弾後障害研究会講演集,平成7年)
Bib#: 2343 言語: J
Hypothesis: "Rogue cell"-type chromosomal damage in lymphocytes is associated with infection with the JC human polyoma virus and has implications for oncogenesis
Neel JV, Major EO, Awa AA, Glover TW, Burgess A, Traub R, Curfman B, Satoh C
Proc Natl Acad Sci USA 93:2690-5, 1996
Bib#: 2382 言語: E
被爆者M-蛋白血症の縦断的研究
錬石和男, 吉本泰彦, 信吉正治, 藤村欣吾, 木村昭郎, 樅田三郎, 朝長万左男, 児玉和紀
長崎医学会雑誌 71(Special issue):209-13, 1996 (第37回原子爆弾後障害研究会講演集,平成8年)
Bib#: 2392 言語: J
被爆者M-蛋白血症の縦断的研究
錬石和男, 吉本泰彦, 信吉正治, 藤村欣吾, 木村昭郎, 樅田三郎, 朝長万左男, 児玉和紀
平成7年度 原爆症に関する調査研究班報告書. 東京, (財)日本公衆衛生協会, 1996. pp 33-5
Bib#: 2336 言語: J
Risks from low doses of radiation
Pierce DA, Preston DL
Science 272:632-3, 1996
Bib#: 2589 言語: E
Response to the letter of Drs. Rossi and Zaider
Pierce DA, Shimizu Y, Preston DL, Vaeth M, Mabuchi K
Radiat Res 146:591-3, 1996
Bib#: 2389 言語: E
放射線影響研究所学術誌発表論文目録、1995年
放射線影響研究所
広島医学 49:1000-2, 1996
Bib#: 2387 言語: J/E
ブルーリボン委員会報告の公表
放射線影響研究所
広島医学 49:1243-4, 1996
Bib#: 2383 言語: J
ブルーリボン委員会、初会合を開催
放射線影響研究所
広島医学 49:735-7, 1996
Bib#: 2371 言語: J
放射線影響研究所理事、監事および専門評議員、1996年7月現在
放射線影響研究所
広島医学 49:1116, 1996
Bib#: 2377 言語: J
Effects of radiation on children. (Scientific correspondence)
Satoh C, Kodaira M
Nature 383:226, 1996
Bib#: 2384 言語: E
GCクランプつきDNAフラグメントのDGGE
佐藤千代子, 高橋規郎
蛋白質 核酸 酵素 41:556-60, 1996
Bib#: 2418 言語: J
Genetic analysis of children of atomic bomb survivors
Satoh C, Takahashi N, Asakawa J, Kodaira M, Kuick R, Hanash SM, Neel JV
Environ Health Perspect 104S3:511-9, 1996 (Proceedings of the 2nd International Conference on Environmental Mutagens in Human Populations, Prague, Czech Republic, 20-25 August 1995)
Bib#: 2358 言語: E
ヒトの生殖細胞におけるマイクロサテライトの遺伝的不安定性に対する原爆放射線の影響
佐藤千代子, 安永和樹, 三浦昭子
広島医学 49:423-6, 1996 (第36回原子爆弾後障害研究会講演集,平成7年)
Bib#: 2350 言語: J
第10回在北米被爆者健康診断成績
柴田 醇, 大田信弘, 佐々木英夫, 錬石和男, 平林直樹, 渡辺忠章, 岡田一雄, 井手義則, 鬼沢光男, 福原照明
広島医学 49:5-41, 1996
Bib#: 2397 言語: J/E
Mortality study of atomic-bomb survivors: implications for assessment of radiation accidents
Shimizu Y, Mabuchi K, Preston DL, Shigematsu I
World Health Stat Q 49:35-9, 1996
Bib#: 2440 言語: E
原爆被爆者の末梢血幹細胞の解析
鈴木隆子, 京泉誠之, 齋藤真由美, 山岡美佳, 平井裕子, 楠 洋一郎, 児玉和紀
長崎医学会雑誌 71:200-4, 1996 (第37回原子爆弾後障害研究会講演集,平成8年)
Bib#: 2391 言語: J
p53遺伝子欠損マウスにおけるT-cell receptor遺伝子突然変異
鈴木隆子, 京泉誠之, 梅木繁子, 秋山實利, 相沢慎一
広島医学 49:468-70, 1996 (第36回原子爆弾後障害研究会講演集,平成7年)
Bib#: 2356 言語: J
好中球を用いた新しい体細胞突然変異検出法の開発と原爆被爆者に関する調査
高橋恵子, 平井裕子, 北平真弓, 石岡奈穂子, 楠 洋一郎, 京泉誠之, 秋山實利
広島医学 49:434-6, 1996 (第36回原子爆弾後障害研究会講演集,平成7年)
Bib#: 2352 言語: J
非ラジオアイソトープ(ジゴキシゲニン)標識プローブを用いたSouthernフィルター上のバンドの定量法
高橋規郎, 金子順子, 佐藤千代子
広島医学 49:448-50, 1996 (第36回原子爆弾後障害研究会講演集,平成7年)
Bib#: 2354 言語: J
原爆被爆者の生殖細胞突然変異をDNAレベルで子供にモニターする
高橋規郎, 佐藤千代子, 浅川順一, 小平美江子
環境変異原研究 17:301-6, 1996 (第24回日本環境変異原学会大会ミニシンポジウム、大阪、1995年11月20-22日)
Bib#: 2419 言語: J(E/Ab)
A methylated human 9-kb repetitive sequence on acrocentric chromosomes is homologous to a subtelomeric repeat in chimpanzees
Thoraval D, Asakawa J, Kodaira M, Chang CC, Radany E, Kuick R, Lamb B, Richardson B, Neel JV, Glover TW, Hanash SM
Proc Natl Acad Sci USA 93:4442-7, 1996
Bib#: 2420 言語: E
Demethylation of repetitive DNA sequences in neuroblastoma
Thoraval D, Asakawa J, Wimmer K, Kuick R, Lamb B, Richardson B, Ambros P, Glover TW, Hanash SM
Genes Chromosomes Cancer 17:234-44, 1996
Bib#: 2421 言語: E
電離放射線によるsdi1/WAF1遺伝子の誘導機構の解析
津山尚宏, 瀬山敏雄, Iwamoto KS, 水野照美, 秋山實利
広島医学 49:451-4, 1996 (第36回原子爆弾後障害研究会講演集,平成7年)
Bib#: 2355 言語: J
原爆被爆者における動脈硬化症。大動脈脈波伝達速度の測定による放射線被曝と動脈硬化の有病率との関係
上田浩徳
広島医学 49:107-8, 1996
Bib#: 2328 言語: J/EUp
Two-dimensional separation and cloning of chromosome 1 NotI-EcoRV-derived genomic fragments
Wimmer K, Thoraval D, Asakawa J, Kuick R, Kodaira M, Lamb B, Fawcett J, Glover TW, Cram S, Hanash SM
Genomics 38:124-32, 1996
Bib#: 2422 言語: E
原爆被曝の精神心理的影響に関して
山田美智子
広島医学 49:294-6, 1996 (第36回原子爆弾後障害研究会講演集,平成7年)
Bib#: 2342 言語: J
Screening for childhood thyroid diseases around Chernobyl
Yamashita S, Ito M, Namba H, Hara T, Ashizawa K, Nishikawa T, Hoshi M, Shibata Y, Nagataki S, Shigematsu I, Kiikuni K
In: Nagasaki Symposium. Radiation and Human Health: Proposal from Nagasaki. Ed by Nagataki S, Yamashita S. Amsterdam, The Netherlands, Elsevier Science B.V., 1996. pp 103-16 (Proceedings of the Nagasaki Symposium '95, 50th Anniversary Meeting of the Atomic Bombing in Nagasaki, Nagasaki, Japan, 19 September 1995)
Bib#: 2561 言語: E
原爆被爆者の子供における死亡率と発癌率調査、1946-1990年
吉本泰彦, 早田みどり, 馬淵清彦
長崎医学会雑誌 71:299-304, 1996 (第37回原子爆弾後障害研究会講演集,平成8年)
Bib#: 2396 言語: J