Menu does not appear
-- SiteMap

解説・総説シリーズ(1989年−現在)

解説・総説シリーズ(Commentary and Review Series, CR)は、放影研研究員や理事の調査研究に関する考え方、考察、意見、勧告などを迅速に発表するために出版されます。 また、国の機関や国際機関の要請により作成された研究調査報告書や、招待発表、放影研以外で行われた原爆被爆者に関する調査についての考察なども含まれます。 日本語版がある場合には、リストにそのことが示してあります。
2014年
CR番号 1-14
標準12誘導心電図検査で同定された明らかな基礎心疾患を伴わない心室性期外収縮の形態別の予後評価
春田大輔、赤星正純、飛田あゆみ、世羅至子、今泉美彩、市丸晋一郎、中島栄二、高橋郁乃、大石和佳、深江学芸、前村浩二
Ann Noninvasive Electrocardiol 21(2) : 142-51, 2016 (March)
doi: 10.1111/anec.12275
2012年
CR番号 1-12
米国オークリッジ国立研究所の山田-Jones報告書の検証
小笹晃太郎
CR番号 2-12
放射線がヒトの遺伝に及ぼす影響
中村典、陶山昭彦、野田朝男、児玉喜明
Annu Rev Genet 2013 (November); 47:33-50
doi: 10.1146/annurev-genet-111212-133501
2010年
CR番号 1-10
日本人原爆被爆者の放射線被曝線量推定の改善により、今日の放射線防護を向上させることができる
Cullings HM, Smith KR
J Expo Sci Environ Epidemiol 2010 (Nov); 20(7):575-6
doi: 10.1038/jes.2010.48
2009年
CR番号 1-09
広島の遠距離被爆者に見られる高いがん死亡率は放射線が原因とは考えにくい
Grant EJ, 清水由紀子, 笠置文善, Cullings HM, Shore RE
Environ Health Prev Med 14(4):247-9, 2009
CR番号 2-09
甲状腺がん: 放射線関連甲状腺乳頭がん、特に原爆放射線被曝に関連した分子的特徴
濱谷清裕、高橋恵子、多賀正尊
J Thyroid Disorders & Therapy 2015 (May); 4(2):1-7
doi: 10.4172/2167-7948.1000183
CR番号 3-09
原爆被爆者における放射線の長期的健康影響
馬淵清彦, 藤原佐枝子, Preston DL, 清水由紀子, 中村 典, Shore RE
Shrieve DC, Loeffler JS, eds. Human Radiation Injury.
Philadelphia: Lippincott, Williams & Wilkins; 2010, pp 89-113
CR番号 4-09
脂肪肝の発生率と予測因子
恒任 章, 飛田あゆみ, 世羅至子, 今泉美彩, 市丸晋一郎, 中島栄二, 瀬戸信二, 前村浩二, 赤星正純
Hypertens Res 2010 (Jun); 33(6):638-43
2008年
CR番号 1-08
電離放射線によるリスク
Cullings HM, Cologne JB
Melnick EL, Everitt BS, eds. Encyclopedia of Quantitative Risk Analysis and Assessment. Chichester: John Wiley & Sons, Ltd.; 2008 (July), pp 1540-6
CR番号 2-08
放射線影響研究所の将来構想に関する上級委員会の報告
J. Paul Gilman, 北川 定謙, Joe W. Gray, 草間 朋子, Gloria Petersen, 田原 榮一, R. Julian Preston, 富永 祐民
2007年
CR番号 1-07
Long-lasting alterations of the immune system by ionizing radiation exposure: Implications for disease development among atomic bomb survivors
Kusunoki Y, Hayashi T
Int J Radiat Biol 84(1):1-14, 2008
CR番号 2-07
長期調査コホートにおけるB型肝炎およびC型肝炎ウイルス感染の診断のための凍結乾燥血清の有用性の検証
大石和佳, 藤原佐枝子, 鈴木 元, 茶山一彰
Research Advances in Microbiology 7. Mohan RM (edit). Kerala: Global Research Network; pp 1-9, 2007 June
2004年
CR番号 1-04
解説:放射線発がんの機序モデルならびに原爆被爆者に関するデータ
Pierce DA
Radiat Res 160(6):718-23, 2003

「解説」に対する返答
Heidenreigh WF et al.
Radiat Res 161(3):369-71, 2004

放射線誘発がんリスクの年齢−時間パターン:その性質および根拠
Pierce DA
J Radiol Prot 22(3A):A147-54, 2002
1999年
CR番号 1-99
T細胞機能と疾患発生:将来の原爆被爆者の免疫学研究へ向けて(放影研免疫学ワークショップ報告書,1999年3月10−11日,広島)
楠 洋一郎, 林 奉権, 濱谷清裕, 京泉誠之
日本語訳あり。
1998年
CR番号 1-98
原爆被爆者とその子供の血液型頻度
和泉志津恵,Preston DL,Ohara JL,Hamilton HB
CR番号 2-98
線質の異なる放射線による被曝の細胞遺伝学的証拠としてのF値:予測、現実そして将来
中村 典, Tucker JD, Bauchinger M, Littlefield LG, Lloyd DC, Preston RJ, 佐々木正夫, 阿波章夫, Wolff S
Radiat Res 150:492-4, 1998
1997年
CR番号 1-97
原爆胎内被爆者の放射線に関連する脳障害および発育遅滞の検討
大竹正徳, Schull WJ
Int J Radiat Biol 74(2):159-71, 1998
1996年
CR番号 1-96
原爆被爆者における癌リスクの単純な還元モデル
Mendelsohn ML
Modeling of Biological Effects and Risks of Radiation Exposure (NIRS Symposium Series No. 26). Ed by Inaba J, Kobayashi S. Chiba, National Institute of Radiological Sciences, 1995. pp 185-92. (Proceedings of the 26th National Institute of Radiological Sciences Symposium, Chiba, Japan, 8-9 December 1994)
日本語訳あり。(放射線生物研究 33(1):12-24, 1998)
CR番号 2-96
放射線影響研究所調査プログラムの歴史的経緯、1946-1995年
Abrahamson S
日本語訳あり。
・・・ 全文はこちら
CR番号 3-96
ブルーリボン委員会報告、1996。放射線影響研究所の検討
Clarke RH, 島尾忠男,森 亘, Beninson D,Lokan KH,Geiger HJ,Abrams HL,Beral V,Kellerer AM,Technical asisstant to the panel: Muirhead CR
日本語訳あり。
・・・ 全文はこちら
1994年
CR番号 1-94
大規模な生物学的マーカープログラムのクリーナップワーカーモニタリングへの適用性の現状
Mendelsohn ML
Biomarkers and Occupational Health: Progress and Perspectives. Ed by Mendelsohn ML, Peeters JP, Normandy MJ. Washington, DC, Joseph Henry Press, 1995. pp 9-19.
1993年
CR番号 1-93
原爆被爆者の染色体異常データの解析のための二方法:擬似尤度モーメント法およびベータ二項法
中島栄二,大瀧一夫
J Jpn Stat Soc 24(2):209-19, 1994
CR番号 2-93
ランダム効果および一般共分散構造を持つ二つの成長曲線モデルに基づく身長の経時測定値の数値的比較
大竹正徳,中島栄二,藤越康祝,Carter RL,田中章司郎,久保佳子
J Jpn Stat Soc 24(1):1-14,1994
CR番号 3-93
原爆被爆者の測定誤差のある染色体異常データの解析:大規模外部情報の利用
中島栄二,大瀧一夫
Jpn J Biometrics 16:19-36, 1995
1992年
CR番号 1-92
腫瘍登録に基づくコホート調査における連絡地域外居住者についての補正
Sposto R,Preston DL
CR番号 2-92
試験管内放射線感受性研究へのgeneralized estimating equation (GEE)の応用
Cologne JB,Carter RL,藤田正一郎,伴 貞幸
Biometrics 49:927-34, 1993
CR番号 3-92
チェルノブイリ原発事故による放射性フォールアウト被曝を免れたウクライナ人に観察された多発変性染色体異常リンパ球:この異常現象の発癌、催奇形、および突然変異発生に果たしうる役割
Neel JV,阿波章夫,児玉喜明,中野美満子,馬淵清彦
Proc Natl Acad Sci USA 89:6973-7, 1992
CR番号 4-92
特定発癌因子曝露に関連した癌発生の時間的分布の推定
Carter RL,Sposto R,Preston DL
CR番号 5-92
原爆被爆者の子供の突然変異研究に対する分子遺伝学の応用:ワークショップ報告書
Neel JV,佐藤千代子,Myers R
Mutat Res 291:1-20, 1993
CR番号 6-92
原爆被爆者の死亡診断書診断と剖検診断の一致率について
Ron E,Carter RL,Jablon S,馬淵清彦
Epidemiol 5:48-56, 1994
1991年
CR番号 1-91
双曲共変数を利用した線形回帰の断片的結合
Cologne JB,Sposto R
J Applied Stat 21(4):221-33, 1994
CR番号 2-91
死亡診断書の誤りが癌死亡率の傾向に及ぼす影響
Ron E,Hoel DG,Carter RL,馬淵清彦
J Natl Cancer Inst 85(13):1063-8, 1993
CR番号 3-91
原爆被爆者における癌発生率.第1部:発生率調査における広島・長崎腫瘍登録の利用
馬淵清彦,早田みどり,Ron E,徳永正義,落久保幸夫,杉本純雄,池田高良,寺崎昌幸,Preston DL,Thompson DE
Radiat Res 137S:1-16, 1994
日本語訳あり。
1990年
CR番号 1-90
放射線量と他の癌リスク因子との相互作用を推定するための入れ子された症例−対照研究法
Land CE
1989年
CR番号 1-89
原爆被爆者に関する癌死亡データの概説
Pierce DA
Proceedings of the International Conference on Risk Assessment of Energy Development and Modern Technology, Kyoto, 26-27 April 1988. Ed by Sugahara T, Aoyama T, Ikebuchi M, Yonehara H. Kyoto, Health Research Foundation, 1989. pp 72-81
CR番号 2-89
原爆被爆者に基づく癌リスク推定:低線量への外挿、相対リスクモデルの使用及びその他の不確実性について
Pierce DA,Vaeth M
Low Dose Radiation: Biological Bases of Risk Assessment. Ed by Baverstock KF,Stather JW. London,Taylor & Francis, 1989. pp 54-69. (Proceedings of the 14th LH Gray Conference on Low Dose Radiation--Biological Bases of Risk Assessment, Oxford, 1988)
CR番号 3-89
相対リスクモデルにおける過剰生涯リスクの計算
Vaeth M,Pierce DA
Environ Health Perspect 87:83-94, 1990
CR番号 4-89
原爆胎内被爆者の脳に及ぼす放射線障害の検討
大竹正徳,Schull WJ,吉丸博志
Proceedings of the International Conference on Risk Assessment of Energy Development and Modern Technology, Kyoto, 26-27 April 1988. Ed by Sugahara T, Aoyama T, Ikebuchi M, Yonehara H. Kyoto, Health Research Foundation, 1989. pp 35-47