Menu does not appear
-- SiteMap

放影研報告書、1995年

放影研報告書(RERF Report, RR)は、放影研の所内審査を経て学術誌に掲載されたもので、 放影研で行われた独自の調査研究結果を伝えることを目的としています。 一部の報告書は日本語に翻訳されます。日本語版がある場合は、リストにそのことが示してあります。
RR番号 1-95に当たる報告書はありません。(欠番)
RR番号 2-95
ヒト血液細胞中の突然変異頻度は加齢に伴って増加する
秋山實利,京泉誠之,平井裕子,楠 洋一郎,Iwamoto KS,中村 典
Mutat Res 338:141-9,1995
RR番号 3-95
日本人集団における血清総コレステロール値の経時的変化,1958-1986年
山田美智子,Wong FL,児玉和紀,佐々木英夫,嶋岡勝太郎,山木戸道郎
J Clin Epidemiol 50(4):425-34, 1997
RR番号 4-95
閉経の血清コレステロール,血圧および肥満度の経過に及ぼす影響
赤星正純,早田みどり,中島栄二,嶋岡勝太郎,瀬戸信二,矢野捷介
Circulation 94:61-6, 1996
RR番号 5-95
ヒト免疫システムにおける放射線の後影響:原爆被爆者の免疫反応概説
秋山實利
Int J Radiat Biol 68(5):497-508,1995
RR番号 6-95
原爆被爆者の赤血球グリコフォリンA遺伝子座における体細胞突然変異−放射線発癌についての意義
京泉誠之,秋山實利,Cologne JB,田辺和美,中村 典,阿波章夫,平井裕子,楠 洋一郎,梅木繁子
Radiat Res 146:43-52, 1996; Environ Health Perspect 104S:493-6,1996
RR番号 7-95
機能獲得p53突然変異は、細胞周期および細胞生存とは無関係に、X線照射後のT細胞レセプターの変化を促進する
Iwamoto KS,水野照美,伊藤 敬,津山尚宏,京泉誠之,瀬山敏雄
Cancer Res 56:3862-5, 1996
RR番号 8-95
日本人女性とハワイ在住の日系女性の椎体骨折有病率の決定因子
Huang C,Ross PD,藤原佐枝子,Davis JW,Epstein RS,児玉和紀,Wasnich RD
Bone 18(5):437-42, 1996
RR番号 9-95
原爆被爆者の末梢血Tリンパ球の生体内で生じたhprt遺伝子座における突然変異スペクトル。 I. cDNAにおける塩基配列の変化
島原秀登,加藤 武,平井裕子,秋山實利
Carcinogenesis 16(3):583-91,1995
RR番号 10-95
ヒトリンパ球および造血前駆細胞におけるテロメラーゼの活性化
檜山桂子,平井裕子,京泉誠之,秋山實利,檜山英三,Piatyszek MA,Shay JW,石岡伸一,山木戸道郎
J Immunol 155:3711-5,1995
RR番号 11-95
原爆被爆者の死亡率の調査。第12報, 第1部 癌:1950-1990年
Pierce DA,清水由紀子,Preston DL,Vaeth M,馬淵清彦
Radiat Res 146:1-27,1996
日本語訳あり。
RR番号 12-95
原爆被爆者における皮膚の新生物の有病率
山田美智子,児玉和紀,藤田正一郎,赤星正純,山田 悟,広瀬寮二,堀 真
Radiat Res 146:223-6, 1996
日本語訳あり。
RR番号 13-95
閾値モデルに基づいた原爆被爆者の白内障と重度脱毛の発現
大竹正徳,錬石和男,Schull WJ
Radiat Res 146:339-48, 1996
RR番号 14-95
高線量原爆被爆者由来培養皮膚線維芽細胞の永久増殖株化
本田武夫,貞森直樹,押村光雄,堀川 泉,大村 宏,小松賢志,渡辺正己
Mutat Res 354:15-26, 1996
RR番号 15-95
SCIDマウス骨髄細胞に見られたIgH遺伝子における正常なD-JH組み換え産物
荒木良子,伊藤正博,濱谷清裕,安倍真澄
Int Immunol 8(7):1045-53, 1996
RR番号 16-95
原爆被爆者における唾液腺腫瘍,1950-87年
朔 敬,林 雄三,高原 耕,松浦博夫,徳永正義,徳岡昭治,早田みどり,馬淵清彦,Land CE
Cancer 79:1465-75, 1997
日本語訳あり。
RR番号 17-95
原爆被爆者における唾液腺腫瘍発生率,1950-87年。放射線関連リスクの評価
Land CE,朔 敬,林 雄三,高原 耕,松浦博夫,徳岡昭治,徳永正義,馬淵清彦
Radiat Res 146:28-36, 1996
日本語訳あり。
RR番号 18-95に当たる報告書はありません。(欠番)
RR番号 19-95
分子腫瘍学/疫学調査における「数十年に亙る」保存組織の使用可能性について
Iwamoto KS,水野照美,伊藤 敬,秋山實利,武市宣雄,馬淵清彦,瀬山敏雄
Am J Pathol 149:399-406, 1996