Menu does not appear
-- SiteMap

放影研報告書、1998年

放影研報告書(RERF Report, RR)は、放影研の所内審査を経て学術誌に掲載されたもので、 放影研で行われた独自の調査研究結果を伝えることを目的としています。 一部の報告書は日本語に翻訳されます。日本語版がある場合は、リストにそのことが示してあります。
RR番号 1-98
原爆被爆者の染色体異常に関するF値は広島における線量への中性子線の主たる寄与の証拠とはならない
児玉喜明, 大瀧一夫, 阿波章夫, 中野美満子, 伊藤正博, 中村 典
Radiat Res 152:558-62, 1999
RR番号 2-98
歯エナメル質ESR線量評価における太陽光の影響
中村 典, Katanic JF, 宮澤忠蔵
J Radiat Res (Tokyo) 39:185-91, 1998
RR番号 3-98
コホート内症例−対照研究における相互作用評価のための対照群の選定
Cologne JB, Langholz B
J Epidemiol 13(4):193-202, 2003
RR番号 4-98
S値は原爆被爆者が受けた放射線量に対する中性子線の有意な寄与の証拠にはならない
中野美満子, 児玉喜明, 大瀧一夫, 伊藤正博, 中村 典
Int J Radiat Biol 75(1):47-9, 1999
RR番号 5-98
ワーナー症候群における生体内体細胞突然変異
京泉誠之, 楠 洋一郎, 瀬山敏雄, 籏持 淳, 後藤 眞
Hum Genet 103(4):405-10, 1998
RR番号 6-98
変異p53:メチル化誘発を介するT細胞受容体のエピジェネティック・ミューテーター
Iwamoto KS, 水野照美, 瀬山敏雄, 京泉誠之
Mol Carcinog 25:113-21, 1999
RR番号 7-98
肝細胞癌におけるp53もしくはhMSH2遺伝子の変異と患者の生存率の密接な相関関係
矢野将嗣, 浅原利正, 土肥雪彦, 水野照美, Iwamoto KS, 瀬山敏雄
Int J Oncol 14:447-51, 1999
RR番号 8-98 に当たる報告書はありません。(欠番)
RR番号 9-98
脂肪肝と冠危険因子との関係:長崎在住の高齢男性および女性における研究
赤星正純, 尼崎泰子, 早田みどり, 富永 丹, 市丸晋一郎, 中島栄二, 瀬戸信二, 矢野捷介
Hypertens Res 24(4):337-43, 2001
RR番号 10-98
トロトラスト被投与者の腫瘍および非腫瘍組織におけるp53突然変異:肝臓における放射線発がんの細胞淘汰モデル
Iwamoto KS, 藤井志保, 倉田明彦, 鈴木 誠, 林 透, 大月祐治, 岡田雄平, 成田道彦, 高橋正倫, 細部貞廣, 土井下建治, 真鍋俊明, 畠 榮, 村上一郎, 羽田 悟, 糸山進次, 赤塚誠哉, 大原信哉, 岩崎啓介, 赤羽久昌, 藤原 恵, 瀬山敏雄, 森 武三郎
Carcinogenesis 20(7):1283-91, 1999
RR番号 11-98
原爆被爆者の死亡率調査。第12報、第2部 がん以外の死亡率:1950−1990年
清水由紀子, Pierce DA, Preston DL, 馬淵清彦
Radiat Res 152:374-89, 1999
日本語訳あり。
RR番号 12-98
ヒト胎児発生初期に生じたハプトグロビン遺伝子座の分子内組み換えによるキメラ現象
浅川順一, 小平美江子, 中村 典, 佐藤千代子, 藤田幹雄
Proc Natl Acad Sci USA 96:10314-19, 1999