Menu does not appear
-- SiteMap

放影研報告書、1999年

放影研報告書(RERF Report, RR)は、放影研の所内審査を経て学術誌に掲載されたもので、 放影研で行われた独自の調査研究結果を伝えることを目的としています。 一部の報告書は日本語に翻訳されます。日本語版がある場合は、リストにそのことが示してあります。
RR番号 1-99
1型アンギオテンシンII受容体遺伝子の5'-領域の多型と高血圧症との相関
高橋規郎, 村上秀子, 児玉和紀, 笠置文善, 山田美智子, 西下聡英, 稲上 正
Ann Hum Genet 64:197-205, 2000
RR番号 2-99
心筋梗塞を有する原爆被爆者血液中のCD4 T細胞比率の低下
楠 洋一郎, 京泉誠之, 山岡美佳, 笠置文善, 児玉和紀, 瀬山敏雄
Radiat Res 152:539-43, 1999
日本語訳あり。
訂正
Radiat Res 154:119, 2000
RR番号 3-99
日本人女性におけるエストラジオールと乳がんの関連についての前向き疫学研究
兜 眞徳, 秋葉澄伯, Stevens RG, 錬石和男, Land CE
Cancer Epidemiol Biomark Prev 9:575-9, 2000
日本語訳あり。
RR番号 4-99
EPRによるロシア核施設作業者の線量再構成
Romanyukha AA, Ignatiev EA, Vasilenko EK, Drozhko EG, Wieser A, Jacob P, Keirim-Markus IB, Kleschenko ED, 中村 典, 宮澤忠蔵
Health Phys 78(1):15-20, 2000
RR番号 5-99
突然変異赤血球の解析による造血幹細胞分裂のモデル化
Vickers M, Brown GC, Cologne JB, 京泉誠之
Br J Haematol 110:54-62, 2000
RR番号 6-99
原爆被爆者における原発性肝がん発生率に及ぼす放射線の影響
Cologne JB, 徳岡昭治, Beebe GW, 福原敏行, 馬淵清彦
Radiat Res 152:364-73, 1999
RR番号 7-99
原爆被爆者におけるC型肝炎抗体陽性率および慢性肝疾患の有病率
藤原佐枝子, 久住静代, Cologne JB, 赤星正純, 児玉和紀, 吉澤浩司
Radiat Res 154:12-9, 2000
日本語訳あり。
RR番号 8-99
原爆被爆者の寿命
Cologne JB, Preston DL
Lancet 356:303-7, 2000
日本語訳あり。
RR番号 9-99
原爆被爆者における持続的亜臨床的炎症
錬石和男, 中島栄二, Delongchamp RR
Int J Radiat Biol 77(4):475-82, 2001
RR番号 10-99
MHCクラスI分子の発現を失った突然変異リンパ球のNKによる除去
楠 洋一郎, 京泉誠之, 本間正充, 久保美子, 大西 寿, 林 奉権, 瀬山敏雄
J Immunol 165:3555-63, 2000
RR番号 11-99
原爆被爆者データに基づく放射線関連がんのモデル
Pierce DA, Mendelsohn ML
Radiat Res 152:642-54, 1999
RR番号 12-99
日本人に認められたホスホグルコムターゼ1(PGM1)の10種のまれな変異型における変異の検出
高橋規郎, 大峰秀夫, 金子順子, 三浦昭子, 佐藤千代子
Human Biology 73(5):755-62, 2001
RR番号 13-99 に当たる報告書はありません。(欠番)
RR番号 14-99
閉経年齢の血清コレステロール、肥満度および血圧に及ぼす影響
赤星正純, 早田みどり, 中島栄二, 鶴田雅子, 市丸晋一郎, 瀬戸信二, 矢野捷介
Atherosclerosis 156(1):157-63, 2001
RR番号 15-99
膀胱がん罹患率と野菜および果物摂取との関連:原爆被爆者の前向き調査
永野 純, 古野純典, Preston DL, 森脇宏子, Sharp GB, 小山幸次郎, 馬淵清彦
Int J Cancer 86:132-8, 2000
RR番号 16-99
P53欠損マウスにおけるT細胞レセプターおよびヒポキサンチンフォスフォリボシールトランスフェラーゼ遺伝子の機能発現の変化を有する生体内突然変異T細胞頻度の上昇
鈴木隆子, 楠 洋一郎, 津山尚宏, 大西 寿, 瀬山敏雄, 京泉誠之
Mutat Res 483(1-2):13-7, 2001
RR番号 17-99
X線照射によるRET/PTC1再構成の優先的誘発
水野照美, Iwamoto KS, 京泉誠之, 長村浩子, 篠原智子, 小山和章, 瀬山敏雄, 濱谷清裕
Oncogene 19:438-43, 2000
RR番号 18-99
原爆被爆者T細胞のマイトジェンに対する応答:インターロイキン2産生能の低下は高線量被爆者のT細胞において顕著である
楠 洋一郎, 林 奉権, 森下ゆかり, 山岡美佳, 牧 真由美, 箱田雅之, 児玉和紀, Bean MA, 京泉誠之
Radiat Res 155(1):81-8, 2001 /関連論文:RR番号 8-01
RR番号 19-99 に当たる報告書はありません。(欠番)
RR番号 20-99
原爆被爆者の単一幹細胞由来CD4およびCD8 T細胞集団におけるナイーブT細胞とメモリーT細胞の分布の偏り:成人においてメモリーT細胞プールを構成している細胞の起源に関して
楠 洋一郎, 平井裕子, 箱田雅之, 京泉誠之
Radiat Res 157(5):493-9, 2002
RR番号 21-99
低線量における原爆被爆者の放射線に関連したがんリスク
Pierce DA, Preston DL
Radiat Res 154:178-86, 2000
RR番号 22-99
X線照射によりATM遺伝子の発現は、Ataxia-telangiectasia遺伝子の正常なリンパ球細胞株ではアップレギュレートされるが、ヘテロやホモの遺伝型を示す細胞株ではそのような変化は示さない
平井裕子, 林 奉権, 久保美子, 法喜ゆう子, 有田 泉, 巽 紘一, 瀬山敏雄
Jpn J Cancer Res 92(6):710-7, 2001