Menu does not appear
-- SiteMap

放影研報告書、2001年

放影研報告書(RERF Report, RR)は、放影研の所内審査を経て学術誌に掲載されたもので、 放影研で行われた独自の調査研究結果を伝えることを目的としています。 一部の報告書は日本語に翻訳されます。日本語版がある場合は、リストにそのことが示してあります。
RR番号 1-01
放射線による乳がんリスクへの影響:8集団をまとめて行った解析
Preston DL, Mattsson A, Holmberg E, Shore R, Hildreth NG, Boice JD Jr
Radiat Res 158(2):220-35, 2002; Errata Radiat Res 158(5):666, 2002
RR番号 2-01
がん罹患率データに対するArmitage-Dollガンマ揺らぎモデルの考察
和泉志津恵, 大瀧 慈
Environmetrics 15:209-18, 2004
要約は出版社の許可が得られないため、掲載できません。
RR番号 3-01
マヤック放射線作業従事者のリンパ球におけるFISHによる染色体異常頻度の測定と慢性被曝条件下における転座誘発率の推定
Burak LE, 児玉喜明, 中野美満子, 大瀧一夫, 伊藤正博, Okladnikova ND, Vasilenko EK, Cologne JB, 中村 典
Int J Radiat Biol 77(8):901-8, 2001
RR番号 4-01
成人T細胞白血病患者由来細胞株におけるT細胞受容体対立遺伝子を欠失した変異クローンの性状
楠 洋一郎, 京泉誠之, 梅木繁子, 平井裕子, MacPhee DG
Br J Haematol 114(2):485-7, 2001
RR番号 5-01
痴呆と中年期のリスク因子の関係:放影研成人健康調査
山田美智子, 笠置文善, 佐々木英夫, 増成直美, 三森康世, 鈴木 元
J Am Geriatr Soc 51(3):410-4, 2003
日本語訳あり。
RR番号 6-01
身体機能障害の予報値としての痴呆―4年間にわたる追跡調査
Sauvaget CS, 山田美智子, 藤原佐枝子, 佐々木英夫, 三森康世
Gerontology 48(4):226-33, 2002
RR番号 7-01
一般変異原曝露から期待されるがんの年齢−時間パターン
Pierce DA, Vaeth M
Biostatistics 4(2):231-48, 2003
RR番号 8-01
原爆被爆者T細胞のマイトジェンに対する応答:マイトジェン応答性に及ぼす放射線の影響は検査時以前にがんと診断されなかった被爆者においても明らかである
楠 洋一郎, 林 奉権, 京泉誠之
Radiat Res 156(5):564-5, 2001

関連論文:RR番号 18-99
RR番号 9-01
日本人集団における骨粗鬆症リスク指標の成績
藤原佐枝子, 増成直美, 鈴木 元, Ross PD
Curr Ther Res Clin Exp 62(8):586-94, 2001
RR番号 10-01
原爆被爆者の身長に対する放射線の影響:経時的研究
中島栄二, 藤原佐枝子, 船本幸代
Radiat Res 158(3):346-51, 2002
RR番号 11-01
広島・長崎の寿命調査集団における動物性食品摂取と脳卒中死亡率
Sauvaget C, 永野 純, Allen N, Grant EJ, Beral V
Int J Epidemiol 32(4):536-43, 2003
RR番号 12-01
広島・長崎の成人健康調査集団における認知機能調査
山田美智子, 佐々木英夫, 笠置文善, 赤星正純, 三森康世, 児玉和紀, 藤原佐枝子
Radiat Res 158(2):236-40, 2002
RR番号 13-01 に当たる報告書はありません。(欠番)
RR番号 14-01
原爆放射線被曝に関連した神経系および下垂体の腫瘍
Preston DL, Ron E, 米原修治, 小武家俊博, 藤井秀治, 岸川正大, 徳永正義, 徳岡昭治, 馬淵清彦
J Natl Cancer Inst 94(20):1555-63, 2002
要約は出版社の許可が得られないため、掲載できません。
RR番号 15-01
CD4+CD45RO+ ヒトT細胞の三つの亜集団におけるメモリー機能と高細胞死傾向
大原高秋, 小山和章, 楠 洋一郎, 林 奉権, 津山尚宏, 久保美子, 京泉誠之
J Immunol 169(1):39-48, 2002