Menu does not appear
-- SiteMap

放影研報告書、2015年

放影研報告書(RERF Report, RR)は、放影研の所内審査を経て学術誌に掲載されたもので、 放影研で行われた独自の調査研究結果を伝えることを目的としています。 一部の報告書は全文が日本語に翻訳されます。日本語版がある場合は、リストにそのことが示してあります。
RR番号 1-15
原爆被爆者における原爆直後の降雨と急性放射線症候群との関連
小笹晃太郎、坂田 律、Harry M. Cullings、Eric J. Grant
Radiat Res2016 (June); 185(6):604-15
doi:10.1667/RR14038.1
RR番号 2-15
低線量放射線リスクの推定に関する見解− BEIR VII 報告書およびその線形閾値なし(LNT)仮説の採用に関するEdward J. Calabrese 博士およびMichael K. O’Connor 博士による批判的考察
Kevin D. Crowley, Harry M. Cullings, Reid D. Landes, Roy E. Shore and Robert L. Ullrich
Radiat Res 2015(April); 183 (4) 476-81
doi: 10.1667/RR4029.1
RR番号 4-15
放射線・線量反応推定におけるベイジアン・セミパラメトリックモデル
古川恭治、三角宗近、John Cologne、Harry Cullings
Risk Analysis: 1-13, 2015 [ONLINE AHEAD OF PRINT]
doi: 10.1111/risa.12513
RR番号 5-15
原爆被爆者における結直腸がんサブタイプのリスクはCD14とIL18 遺伝子多型に関連している
胡 軼群、吉田健吾、John B. Cologne、牧真由美、森下ゆかり、佐々木圭子、林幾江、大石和佳、飛田あゆみ、京泉誠之、楠洋一郎、徳永勝士、中地敬、林 奉権
Human Genome Variation 2, Article number: 15035(2015)[ONLINE AHEAD OF PRINT]
doi: 10.1038/hgv.2015.35
RR番号 6-15
老齢化の進む原爆被爆者における循環性造血幹および前駆細胞
京泉誠之、久保美子、三角宗近、梶村順子、吉田健吾、林 奉権、今井和枝、大石和佳、中地 敬、Lauren F. Young、Jae-Hung Shieh、Malcolm A. Moore、Marcel R.M. van den Brink、楠 洋一郎
Radiation Research 2016 (January); 185(1):69-76
doi: 10.1667/RR14209.1
RR番号 7-15
62年間の追跡調査による被爆二世における死亡リスク:コホート調査
Eric Grant、古川恭治、坂田律、杉山裕美、定金敦子、高橋郁乃、歌田真依、清水由紀子、小笹晃太郎
Lancet Oncol 2015 (October); 16(13):1316-23
doi: 10.1016/S1470-2045(15)00209-0
RR番号 8-15
思春期以降に被曝した被爆者の認知機能変化に対する放射線影響
山田美智子、Reid D. Landes、三森康世、永野義人、佐々木英夫
Am J Med 2016 (June); 129(6):586-91
doi: 10.1016/j.amjmed.2015.09.002
RR番号 9-15
胎生期被曝の影響:マウス甲状腺細胞の染色体異常頻度は被曝時期により大きく異なる
濱ア幹也、Reid D. Landes、野田朝男、中村 典、児玉喜明
Radiat Res2016 (October); 186(4):360-6
doi:10.1667/RR14385.1
RR番号 10-15
ホルマリン固定パラフィン包埋組織試料を用いた免疫2重蛍光染色法の最適化
梶村順子、伊藤玲子、Nancy R. Manley、Laura P. Hale
J Histochem Cytochem :2016 (February) 64: 112-24
doi: 10.1369/0022155415610792
RR番号 11-15
媒介の割合に基づく二値アウトカムでの因果媒介モデルにおける簡単な検出力解析法
Young Min Kim、John B. Cologne、Harry M. Cullings
Journal of the Korean Data & Information Science Society 2017 (May); 28(3):669?84
doi: 10.7465/jkdi.2017.28.3.669
RR番号 12-15
原爆被爆者の循環性造血幹および前駆細胞における自然発生γH2AXフォーカス形成と前駆細胞機能との関連性
梶村順子、京泉誠之、久保美子、三角宗近、吉田健吾、林 奉権、今井一枝、大石和佳、中地 敬、Nan-ping Weng、Lauren F. Young、Jae-Hung Shieh、Malcolm A. Moore、Marcel R.M. van den Brink、楠 洋一郎
Mutat Res Genet Toxicol Environ Mutagen 2016 (May);802:59-65
doi: 10.1016/j.mrgentox.2016.03.007
RR番号 13-15
寿命調査集団(LSS)において死亡診断書に記載された複数の死因を考慮した場合の死亡解析
高守史子、高橋郁乃、笠置文善、陶山昭彦、小笹晃太郎、柳川 堯
Radiat Res 2017 (January); 187(1):20–31
doi: 10.1667/RR14314.1
RR番号 14-15
放射線影響研究所のF1郵便調査についての第一報
Caitlin M. Milder、坂田 律、杉山裕美、定金敦子、歌田真依、Kismet A. Cordova、飛田あゆみ、大石和佳、小笹晃太郎、Eric J. Grant
Asian Pac J Cancer Prev 2016 (April);17(3):1313-23
doi: 10.7314/APJCP.2016.17.3.1313
RR番号 15-15
寿命調査集団における心臓病死亡1950−2008
高橋郁乃、清水由紀子、Eric J. Grant、John Cologne、小笹晃太郎、児玉和紀
Radiat Res :2017 (March); 187(3):319-32
doi: 10.1667/RR14347.1
RR番号 16-15
代謝プロフィルが原爆被爆者末梢リンパ球サブセットに対する放射線の長期影響を修飾する可能性
吉田健吾、中島栄二、京泉誠之、箱田雅之、林奉権、飛田あゆみ、大石和佳、楠洋一郎
Radiat Res :2016 (September); 186(3): 275-82
doi:10.1667/RR14336.1