Menu does not appear
-- SiteMap

放影研報告書、2017年

放影研報告書(RERF Report, RR)は、放影研の所内審査を経て学術誌に掲載されたもので、 放影研で行われた独自の調査研究結果を伝えることを目的としています。 一部の報告書は全文が日本語に翻訳されます。日本語版がある場合は、リストにそのことが示してあります。
RR番号 1-17
小児期に被曝した原爆被爆者における被曝62-66年後の甲状腺機能異常と自己免疫性甲状腺疾患
今泉美彩、大石和佳、中島栄二、世羅至子、錬石和男、山田美智子、立川佳美、高橋郁乃、藤原佐枝子、杉野圭三、安藤隆雄、宇佐俊郎、川上 純、赤星正純、飛田あゆみ
J Clin Endocrinol Metab. :2017 (July) : 102(7):2516-24
doi: 10.1210/jc.2017-00102
RR番号 2-17
原爆被爆者研究における最小有意線量への追跡期間の影響
Cologne JB、Preston DL、Grant EJ、Cullings HM、小笹晃太郎
Radiat Environ Biophys :2018 (March); 57(1):83-8
doi: 10.1007/s00411-017-0720-7
RR番号 3-17
原爆被爆者が受けた原爆ガンマ線量の細胞遺伝学的手法による再構成:広い光子エネルギー分布と造血幹細胞/前駆細胞の寄与をどう考慮すべきか
中村 典、平井裕子、児玉喜明、濱崎幹也、Harry M. Cullings、Kismet A. Cordova、阿波章夫
Radiat Res :2017 (October); 187(4):412-8
doi: 10.1667/RR14832.1
RR番号 5-17
日本の高齢原爆被爆者の末梢循環樹状細胞集団における放射線と加齢に関係した変化
梶村順子、Lynch HE、Geyer SM、French B、山岡美佳、Shterev ID、Sempowski GD、京泉誠之、吉田健吾、三角宗近、大石和佳、林 奉権、中地 敬、楠 洋一郎
Radiat Res ; 189(1):84-94, 2018/1
doi: 10.1667/RR14854.1
RR番号 8-17
マウスでは放射線の遺伝的影響が観察されるのにヒトで観察されないのはなぜか
中村 典
Radiat Res 189(2):117-27, 2018/2
doi: 10.1667/RR14947.1