Menu does not appear
-- SiteMap

業績報告書、1959年

業績報告書シリーズ(Technical Report, TR)は、1993年に放影研報告書に切り替わるまで発行されていたもので、ごく一部の高度に専門的な論文を除いて日英両語版が出版されました。
TR番号 1-59
人間における無カタラーゼ血症の保因状態,酵素活性の遺伝的調節
Nishimura ET,Hamilton HB,高原滋夫,Kobara TY,小倉義郎,土井勝三郎
この報告書に基づく論文は次に発表された:Science 130:333-4,1959
TR番号 2-59
広島原爆被爆者における白血病
Heyssel R,Brill AB,Woodbury LA,Nishimura ET,Ghose T,星野 隆,山崎 満
この報告書に基づく論文は次に発表された:Blood 15:313-31,1960;In Proc 8th Int Congr Hematol,Tokyo,Pan Pacific Press,1962. pp9-12;広島医学 14:141-84,1961
TR番号 3-59
泌尿器感染の集団調査に用いられる汚染されない排泄尿の培養検査
Switzer S
この報告書に基づく論文は次に発表された:J Lab Clin Med 55:557-63,1960;広島医学 14:672-6,1961
TR番号 4-59
国立予防衛生研究所とABCCが共同で実施する原爆被爆者寿命に関する研究企画書
石田保広,Beebe GW
このTRは研究企画書であり、内部資料のため公開できません。
TR番号 5-59
低カタラーゼ血症,新しい遺伝的保因状態
高原滋夫,Hamilton HB,Neel JV,Kobara TY,小倉義郎,Nishimura ET
この報告書に基づく論文は次に発表された:J Clin Invest 39:610-19,1960
TR番号 6-59
原爆被爆生存者における婦人科的腫瘍の検討
沢田尚雄
この報告書に基づく論文は次に発表された:Hiroshima J Med Sci 7:187-97,1958
TR番号 7-59
Letterer-Siwe病の1剖検例
高村二三,小田冨雄
この報告書に基づく論文は次に発表された:小児科診療 23:992-5,1960
TR番号 8-59
放射線の人間に対する身体的影響の閾値について
Miller RW(翻訳:梁井 昇)
この報告書に基づく論文は次に発表された:日本医師会雑誌 43:157-60,1960
TR番号 9-59
人体における放射線障害:白血球数減少と死亡率の相関関係,日本人における原子爆弾早期影響の再検討
Jacobs GJ,Lynch FX,Cronkite EP,Bond VP
この報告書に基づく論文は次に発表された:Milit Med 128:732-9,1963;広島医学 26:818-24,1973
TR番号 10-59
広島市原子爆弾生存者における悪性新生物の疫学的観察(第一報)
原田東岷,石田保広
この報告書に基づく論文は次に発表された:J Natl Cancer Inst 25:1253-64,1960;広島医学 14:347-56,1961
TR番号 11-59
長崎原爆被爆者における白血病
朝長正允,Brill AB,糸賀 敬,Heyssel RM
TR番号 12-59A
広島における原子爆弾の炸裂点及び爆心地点の決定:第I部 広島における原子爆弾の炸裂点の決定−線量測定から見た意義
Arakawa ET,長岡省吾
この報告書に基づく論文は次に発表された:広島医学 15:109-26,1961
TR番号 12-59B
広島における原子爆弾の炸裂点及び爆心地点の決定:第U部 広島における爆心地点と炸裂点の位置
Woodbury LA,水木幹三
この報告書に基づく論文は次に発表された:広島医学 15:127-31,1961
TR番号 13-59
広島および長崎における放射線照射の遅発性影響
Bucher JC
この報告書に基づく論文は次に発表された:Nucleonics 10(9):18-21,1952;広島医学 14:1285-94,1961
TR番号 14-59
広島および長崎被爆生存者に関する放射線線量測定
Arakawa ET
この報告書に基づく論文は次に発表された:N Engl J Med 263:488-93,1960;広島医学 14:338-46,1961
TR番号 15-59
電離放射線を受けた人間に発生する白血病:広島および長崎における所見の総括ならびに他の照射例との比較
Brill AB,朝長正允,Heyssel RM
この報告書に基づく論文は次に発表された:Ann Intern Med 56:590-609,1962;広島医学 17:578-96,1964
TR番号 16-59
高血圧を有する日本人農民の軽症アテローム性動脈硬化症に関する研究
Dahl LK,和田 直,Eder HA,Gidez LI,Wolins W,Jellinger DL,山下芳彦,二井谷隆三,高科成良,末田 敏,塩見雅昭,山木戸道郎
TR番号 17-59
1000m以内で原爆に被爆し5年以上生存した者に被爆当時現れた徴候および症状
Lewis JJ,Patterson HA
この報告書に基づく論文は次に発表された:Am J Surg 98:12-9,1959;広島医学 15:575-61,1962
TR番号 18-59
手の短節骨症および短中手骨症:放射線学的研究
Pryde AW,北畠 隆
TR番号 19-59
ABCC発表要覧(M 1-63がこれに代わる)
ABCC-JNIH
TR番号 20-59
広島原爆被爆児童の成長および発育,3か年(1951−1953年)の研究
Reynolds EL
TR番号 21-59A
広島および長崎の原爆被爆者の子供における被爆の影響(予報)
Neel JV,Morton NE,Schull WJ,McDonald DJ,Kodani M,Takeshima K,Anderson RC,Wood J,Brewer R,Wright S,Yamazaki J,Suzuki M,Kitamura S
この報告書に基づく論文は次に発表された:Science 118:537-41,1953;広島医学 15:266-77,1962
TR番号 21-59B
原爆によって起こり得ると思われる遺伝的影響に関する研究
Neel JV,Schull WJ
この報告書に基づく論文は次に発表された:Acta Genet 6:183-96,1956;広島医学 15:1366-82,1962
TR番号 21-59C
放射能と人間における性比
Schull WJ,Neel JV
この報告書に基づく論文は次に発表された:Science 128:343-8,1958;広島医学 16:58-72,1963
TR番号 22-59A
原爆被爆生存者に残存する瘢痕:4年間の経過観察
Wells W,Tsukifuji N
この報告書に基づく論文は次に発表された:Surg Gynecol Obstet 95:129-41,1952;広島医学 15:344-63,1962
TR番号 22-59B
原爆被爆生存者に残存する瘢痕:4年間の経過観察
Wells W,Tsukifuji N
この報告書に基づく論文は次に発表された:Surg Gynecol Obstet 95:129-41,1952;広島医学 15:344-63,1962
TR番号 23-59A
広島における原爆被爆生存者の血液学的研究
山岨好道
この報告書に基づく論文は次に発表された:Arch Intern Med 91:310-4,1953;広島医学 15:364-9,1962
TR番号 23-59B
長崎における原子爆弾被爆生存者に発生した抗療性貧血
Lange RD,Wright SW,Tomonaga M,Kurasaki H,Matsuoka S,Matsunaga H
この報告書に基づく論文は次に発表された:Blood 10:312-24,1955;広島医学 10:1155-73,1962
TR番号 24-59A
長崎における原爆被爆女性の妊娠結果
Yamazaki JN,Wright SW,Wright PM
この報告書に基づく論文は次に発表された:Am J Dis Child 87:448-63,1954;広島医学 15:732-56,1962
TR番号 24-59B
原爆被爆と血族関係のある両親における妊娠:人間における電離放射線の遺伝的影響に関して将来に向かって行う研究
Schull WJ,Neel JV
この報告書に基づく論文は次に発表された:Am J Public Health 49:1621-9,1959;広島医学 15:1383-96,1962
TR番号 25-59A
原爆被爆生存者における白血病:1.一般的観察
Lange RD,Moloney WC,Yamawaki T
この報告書に基づく論文は次に発表された:Blood 9:574-85,1954;広島医学 15:370-85,1962
TR番号 25-59B
原爆被爆生存者における白血病
Moloney WC
この報告書に基づく論文は次に発表された:N Engl J Med 253:88-90,1955;広島医学 15:485-91,1962
TR番号 25-59C
原爆被爆者における白血病初期の顆粒球に関する細胞学的および生化学的研究
Moloney WC,Lange RD
この報告書に基づく論文は次に発表された:Tex Rep Biol Med 12:887-97,1954;広島医学 15:1144-54,1962
TR番号 25-59D
広島市の原爆被爆生存者における電離放射線の白血病発生効果
Moloney WC,Kastenbaum MA
この報告書に基づく論文は次に発表された:Science 121:308-9,1955;広島医学 15:278-9,1962
TR番号 26-59A
広島および長崎の原子爆弾被爆地域における残留放射能の強さの測定
Pace N,Smith RE
この報告書に基づく論文は次に発表された:広島医学 16:504-33,1963
TR番号 26-59B
核兵器放射線の透過性:広島・長崎調査への応用
Ritchie RH,Hurst GS
この報告書に基づく論文は次に発表された:Health Phys 1:390-404,1959;広島医学 16:602-21,1963
TR番号 27-59A
原爆2年後の広島および対照都市における血液学的研究
Snell FM,Neel JV,石橋洪一
この報告書に基づく論文は次に発表された:Arch Intern Med 84:569-604,1949;広島医学 14:989-1011,1961
TR番号 27-59B
広島・長崎両市の原爆被爆生存者における血液学的所見:10年間の観察
Wald N,Truax WE,Sears ME,Suzuki G,山本 務
この報告書に基づく論文は次に発表された:In Proc 6th Int Congr Hematol Int Soc, New York, Grune & Stratton,1958,pp382-9;広島医学 16:1082-91,1963
TR番号 28-59A
1949年に日本において行われた原爆被爆生存者の眼科的調査
Cogan DG,Martin SF,Kimura SJ,生井 浩
この報告書に基づく論文は次に発表された:Trans Am Ophthalmol Soc 48:62-87,1950;広島医学 14:893-903,1961
TR番号 28-59B
原爆放射線性白内障:症例報告とその組織病理学的検索
Kimura SJ,生井 浩
この報告書に基づく論文は次に発表された:Am J Ophthalmol 34:811-6,1951;広島医学 14:770-3,1961
TR番号 28-59C
放射線性白内障を有する広島被爆者の診察
Fillmore PG
この報告書に基づく論文は次に発表された:Science 116:322-3,1952;広島医学 14:779,1961
TR番号 29-59A
原爆傷害:特に放射線について
Dunham CL,Cronkite EP,LeRoy GV,Warren S
この報告書に基づく論文は次に発表された:JAMA 147:50-4,1951;広島医学 14:774-8,1961
TR番号 29-59B
広島および長崎における原子爆弾の遺伝学的影響
米国学術会議原爆傷害委員会遺伝学会議
この報告書に基づく論文は次に発表された:Science 106:331-3,1947;広島医学 14:987-8,1961
TR番号 29-59C
広島市における胎内被爆児童に発現した異常
Plummer G
この報告書に基づく論文は次に発表された:Pediatrics 10:687-93,1952;広島医学 14:1012-5,1961
TR番号 30-59A
広島・長崎両市の原爆生存者における白血病の発生率
Folley JH,Borges W,山脇卓三
この報告書に基づく論文は次に発表された:Am J Med 13:311-21,1952;広島医学 17:70-86,1964
TR番号 30-59B
原爆被爆者における白血病:U. 初期白血病症状の観察
Moloney WC,Lange RD
この報告書に基づく論文は次に発表された:Blood 9:663-85,1954;広島医学 17:173-205,1964
TR番号 31-59A
長崎における胎内被爆児の研究:骨格系のレントゲン撮影による調査
Sutow WW,West E
この報告書に基づく論文は次に発表された:広島医学 16:1092-103,1963
TR番号 31-59B
降下物から有意の放射線量を偶然に受けた人々における反応
Cronkite EP,Bond VP,Conard RA,Shulman R,Farr RS,Cohn SH,Browning E
この報告書に基づく論文は次に発表された:JAMA 159:430-4,1955;広島医学 16:1104-16,1963
TR番号 32-59
原爆被爆後の最初の10年間に広島の若年層被爆者に認められた遅発性影響
Miller RW
この報告書に基づく論文は次に発表された:Pediatrics 18:1-18,1956;広島医学 18:675-703,1965
TR番号 33-59
ABCCの研究企画の評価に関する特別委員会の報告書,1955年11月6日
Francis T Jr,Jablon S,Moore FE

 および 目 次
TR番号 34-59
原爆被爆生存婦人の性機能,1949−57年,広島
沢田尚雄
この報告書に基づく論文は次に発表された:広島医学別刊号 13:1158-70,1960
TR番号 35-59
単一放射線照射の日本人心臓組織内リポフスチン(老化色素)蓄積に及ぼす影響
Strehler BL,Nishimura ET,Gee MV,Shock NW
TR番号 36-59A
ヒトにおける連鎖:Pelger核異常,味覚および血液型
Morton NE,Moloney WC,藤井 崇
この報告書に基づく論文は次に発表された:Am J Hum Genet 6:38-43,1954;広島医学 23:656-61,1970
TR番号 36-59B
白血球の家族性Pelger-Huet異常
山祖好道, 藤井 崇, 土取カツミ
この報告書に基づく論文は次に発表された:Blood 8:370-4, 1953;広島医学 23:662-7,1970
TR番号 37-59A
楕円赤血球症と血液型との連関についての資料
藤井 崇,Moloney WC,Morton NE
この報告書に基づく論文は次に発表された:Am J Hum Genet 7:72-5,1955;広島医学 23:749-52,1970
TR番号 37-59B
日本人における血液検査値に関する観察
Snell FM
この報告書に基づく論文は次に発表された:Blood 5:89-100,1950;広島医学 23:753-69,1970
TR番号 38-59A
広島市の原爆被爆者における白血病
Wald N
この報告書に基づく論文は次に発表された:Science 127:699-700, 1958. 広島医学 24:68-72,1971
TR番号 38-59B
Myleranによる真性多血球血症の治療
Wald N,星野 孝,Sears ME
この報告書に基づく論文は次に発表された:Blood 13:757-62,1958;広島医学 24:74-80,1971
TR番号 39-59
新生児黄疸と核黄疸
Black-Schaffer B,神部誠一,古田睦広,Moloney WC
この報告書に基づく論文は次に発表された:Am J Dis Child 87:737-51,1954;広島医学 24:170-93,1971
TR番号 40-59
日本人新生児における核黄疸:1.25症例から得た臨床的ならびに血清学的データ
Sutow WW,Moloney WC,Margoles C
この報告書に基づく論文は次に発表された:Pediatrics 17:349-58,1956;広島医学 24:426-40,1971
TR番号 41-59A
原子爆弾による医学的後遺症
LeRoy GV
この報告書に基づく論文は次に発表された:広島医学 25:379-94,1972
TR番号 41-59B
原子爆弾被爆者の血液所見
LeRoy GV
この報告書に基づく論文は次に発表された:広島医学 25:395-419,1972