Menu does not appear
-- SiteMap

業績報告書、1966年

業績報告書シリーズ(Technical Report, TR)は、1993年に放影研報告書に切り替わるまで発行されていたもので、ごく一部の高度に専門的な論文を除いて日英両語版が出版されました。
TR番号 1-66
線量測定調査に関する報告
安徳重敏
TR番号 2-66
Down症候群92例の細胞遺伝学的調査,広島・長崎
Slavin RE,鎌田七男,Hamilton HB
この報告書に基づく論文は次に発表された:Jpn J Hum Genet 12:17-28, 1967
TR番号 3-66
リウマチ様関節炎−広島・長崎:有病率,発生率および臨床的特徴
Wood JW,加藤寛夫,Johnson KG,宇田 豊,Russell WJ,Duff IF
この報告書に基づく論文は次に発表された:Arthritis Rheum 10:21-31, 1967;広島医学 20:1192-200,1967
TR番号 4-66
原爆被爆者におけるアジア型インフルエンザ・ワクチン摂取後の血清学的反応
金光正次,森田克彦,Finch SC,加藤寛夫,大西繁幸
この報告書に基づく論文は次に発表された:Jpn J Med Sci Biol 19:73-84, 1966
TR番号 5-66
原子爆弾の炸裂点:1.熱線による残影に基づく推定,長崎
Hubbell HH,Arakawa ET,長岡省吾,上田尚一,田中 直
この報告書に基づく論文は次に発表された:広島医学 23:279-94, 1970
TR番号 6-66
広島および長崎における放射線関連白血病の病型:生存期間および臨床態度に関する観察,1946−64年
Bizzozero OJ Jr,Johnson KG,Ciocco A,共同研究者 河崎 昭,豊田成樹
この報告書に基づく論文は次に発表された:Ann Intern Med 66:522-30, 1967;広島医学 20:1201-8,1967
TR番号 7-66
培養ヒト白血球の代謝と乳酸脱水素酵素アイザイムとの関係
Bloom AD,和嶋 毅,Hamilton HB
TR番号 8-66
日本人における腎臓結核
Gregory PB,関 政文,沢田尚雄,Johnson KG
この報告書に基づく論文は次に発表された:J Chronic Dis 20:225-31, 1967;広島医学 21:208-12,1968
TR番号 9-66
広島・長崎における医療用X線の線量調査
Russell WJ
この報告書に基づく論文は次に発表された:広島医学 20:109-15, 1967
付録
TR番号 10-66
広島・長崎の胎内被爆者における知能遅滞
Wood JW,Johnson KG,大森義昭,河本定久,Keehn RJ
この報告書に基づく論文は次に発表された:Am J Public Health 57:1381-90, 1967;広島医学 21:736-44,1968
TR番号 11-66
広島および長崎における胎内被爆者の成長および発育
Wood JW,Keehn RJ,河本定久,Johnson KG
この報告書に基づく論文は次に発表された:Am J Public Health 57:1374-80, 1967;広島医学 21:466-80,1968
TR番号 12-66
特発性骨硬化症:1家系6例の報告
Russell WJ,Bizzozero OJ Jr,大森義昭
この報告書に基づく論文は次に発表された:Radiology 90:70-6, 1968;広島医学 21:1131-9,1968
TR番号 13-66
胎内被爆生産児の死亡率,広島・長崎
加藤寛夫,Keehn RJ
この報告書に基づく論文は次に発表された:長崎医学会雑誌 43:829-31, 1968;広島医学 23:475-90,1970
TR番号 14-66
原子爆弾胎内被爆児の尿所見,広島・長崎
Freedman LR,Keehn RJ
この報告書に基づく論文は次に発表された:Yale J Biol Med 39:196-206, 1966;広島医学 21:60-70,1968
TR番号 15-66
原爆被爆者における睾丸の変化,広島・長崎
Jordan SW,Hasegawa CM,Keehn RJ
この報告書に基づく論文は次に発表された:Arch Pathol 82:542-54, 1966;広島医学 21:949-58,1968
TR番号 16-66
排尿時膀胱部撮影法で認めた膀胱尿管逆流現象とその他の所見
片山 仁
この報告書に基づく論文は次に発表された:Nippon Acta Radiol 27:700-5, 1967
TR番号 17-66
原爆被爆生存者における脾臓遮蔽
Gregory PB,Milton RC,Johnson MLT,田浦 直
この報告書に基づく論文は次に発表された:Radiat Res 33:204-15, 1968;広島医学 21:826-37,1968
TR番号 18-66
広島および長崎における心臓血管疾患の研究:日本人の固定集団におけるアテローム性動脈硬化症の臨床・病理学的評価
Rickert RR,Johnson KG,加藤寛夫,山本 務,矢野勝彦
この報告書に基づく論文は次に発表された:Am J Clin Pathol 49:371-86, 1968
TR番号 19-66
心臓血管疾患の研究における郵送調査,広島・長崎
加藤寛夫,Johnson KG,矢野勝彦
TR番号 20-66
広島および長崎の被爆者における細胞遺伝学的研究
Bloom AD,錬石昇太郎,鎌田七男,井石哲哉,Keehn RJ
この報告書に基づく論文は次に発表された:Lancet 2:672-4, 1966;広島医学 21:68-73,1968
TR番号 21-66
7日間培養におけるヒト白血球の乳酸脱水素酵素活性と代謝
Bloom AD,和嶋 毅,土岡正法
この報告書に基づく論文は次に発表された:Science 156:979-81, 1967;広島医学 23:49-52,1970
TR番号 22-66
広島・長崎原爆被爆生存者の蛋白尿
Freedman LR,関 政文,Phair JP,Nefzger MD
この報告書に基づく論文は次に発表された:Yale J Biol Med 40:109-30, 1967;広島医学 21:838-52,1968
TR番号 23-66
広島における脳血管疾患:6年間の調査報告,1958−64年
Johnson KG,矢野勝彦,加藤寛夫
この報告書に基づく論文は次に発表された:J Chronic Dis 20:545-59, 1967;広島医学 21:339-53,1968
TR番号 24-66
広島における冠状動脈性心臓疾患:6年間の調査報告,1958−64年
Johnson KG,矢野勝彦,加藤寛夫
この報告書に基づく論文は次に発表された:Am J Public Health 58:1355-67, 1968;広島医学 23:38-48,1970
TR番号 25-66
1947−59年にABCCが行った血液学的研究の総括
Blaisdell RK,天本吉郎
TR番号 26-66
原爆被爆者における水晶体の変化:原爆傷害調査委員会が行った主要眼科学的調査の総括,1949−62年
Miller RJ,藤野 貞,Nefzger MD
この報告書に基づく論文は次に発表された:Arch Ophthalmol 78:697-704, 1967;広島医学 21:1037-8,1968
TR番号 27-66
心弾動図と加齢との関係
Ingram RH,Seigel D
TR番号 28-66
日本における白血病の統計学的研究
朝長正允
この報告書に基づく論文は次に発表された:NZ Med J (Haematol) 65S:863-9, 1966;広島医学 32:363-9,1979
TR番号 29-66
ABCCにおける医療用放射線量測定用の設備と方法
吉永春馬,飯野 祐,Russell WJ,安徳重敏,水野正義
TR番号 30-66A
症例報告−1966年:二酸化トリウム注入による血管造影術実施23年後に発生した胆管癌の1例
片山 仁,澤田昭三,吉永春馬,Russell WJ
この報告書に基づく論文は次に発表された:Nippon Acta Radiol 29:481-90, 1969
TR番号 30-66B
症例報告−1966年:末期に骨髄の線維化を伴う急性骨髄性白血病像を呈した真性多血症の1例
星野 孝,河崎昭,岡田 弘,山本 務,木村和郎
この報告書に基づく論文は次に発表された:日本血液学会雑誌 30:214-27, 1967
TR番号 30-66C
症例報告−1966年:成人に認められたPneumocystis carinii肺炎,2症例の報告
塚田義明,Mansur GP,大坪 守
この報告書に基づく論文は次に発表された:Acta Pathol Jpn 16:447-55, 1966