Menu does not appear
-- SiteMap

業績報告書、1978年

業績報告書シリーズ(Technical Report, TR)は、1993年に放影研報告書に切り替わるまで発行されていたもので、ごく一部の高度に専門的な論文を除いて日英両語版が出版されました。
TR番号 1-78
ヒトのTおよびBリンパ球遊走検査法としてのアガロース平板技法
Pinkston JA,Finch SC,飯田昭三,Caplan RA
この報告書に基づく論文は次に発表された:Jpn J Exp Med 48:279-82, 1978
TR番号 2-78
日本人集団中に発見されて,電気泳動では同じ表現型とされたglucose phosphate isomeraseの中に認められた遺伝的な差異について
佐藤千代子,Mohrenweiser HW
この報告書に基づく論文は次に発表された:Ann Hum Genet 42:283-92,1979;広島医学 33:200-7,1980
TR番号 3-78
広島・長崎の寿命調査対象群における胃癌剖検例と原爆放射線との関連,1961−74年
山本 務,清水由紀子
この報告書に基づく論文は次に発表された:J Radiat Res (Tokyo) 19:213-27, 1978
TR番号 4-78
原爆放射線のF1世代への成長発育に及ぼす遺伝的影響に関する研究:1. 広島の15歳から17歳までの高校生の身長について
古庄敏行,大竹正徳
TR番号 5-78
原爆放射線のF1世代への成長発育に及ぼす遺伝的影響に関する研究:2.広島の15歳から17歳までの高校生の体重・座高・胸囲について
古庄敏行,大竹正徳
TR番号 6-78
広島およびHonoluluに居住した日本人男子の脳血管疾患に関する剖検調査
三山吉夫,Thompson LR,Hayashi T,Lee KK,Keehn RJ,Resch JA,Steer A
この報告書に基づく論文は次に発表された:Stroke 10:389-95, 1979;広島医学 33:518-26,1980
TR番号 7-78
広島およびHonoluluに居住していた日本人男子の心臓に認められた小瘢痕に関する剖検調査
Steer A,Lee SS,Stemmermann GN,山本 務,Rhoads GG,Lee KK
この報告書に基づく論文は次に発表された:Lab Invest 41:538-45, 1979
TR番号 8-78
日本人における染色体の異形性:1.Q-およびC-染色法によるDp+ とGp+ の分染パターン
祖父尼俊雄,田辺和美,阿波章夫
この報告書に基づく論文は次に発表された:広島医学 35:554-60, 1982
TR番号 9-78
広島の原爆被爆者におけるコルヒチンのリンパ球に及ぼす細胞傷害作用
Caplan RA,Odoroff CL,尾崎恭子,Hamilton HB,Finch SC
TR番号 10-78
胆石症のX線学的経過観察,広島・長崎
田村正三,川波 喬,Russell WJ
この報告書に基づく論文は次に発表された:広島医学 33:1126-31, 1980
TR番号 11-78
原爆被爆者における加齢の研究
Belsky JL,Moriyama IM,藤田正一郎,河本定久
この報告書に基づく論文は次に発表された:広島医学 33:1236-46, 1980
TR番号 12-78
広島における胃集団検診による被曝線量
安徳重敏,澤田昭三,Russell WJ
この報告書に基づく論文は次に発表された:Health Phys 38:735-42, 1980;広島医学 33:890-7,1980
TR番号 13-78
原爆被爆者における疫学的因子と死亡との関連,広島・長崎
永井正規
この報告書に基づく論文は次に発表された:広島医学 33:1336-45, 1980
TR番号 14-78
原爆被爆者の乳癌:予後と病理学的所見との関連について
徳永正義
この報告書に基づく論文は次に発表された:Acta Pathol Jpn 29:197-209, 1979
TR番号 15-78
広島および長崎の橋本病に関する剖検調査,1954−74年:原爆放射線との関係
浅野正英,Norman JE Jr,加藤寛夫,矢川寛一
この報告書に基づく論文は次に発表された:J Radiat Res (Tokyo) 19:306-18, 1978
TR番号 16-78
広島・長崎の原爆被爆者における放射線後障害:1945−79年,総括
Finch SC,Moriyama IM
この報告書に基づく論文は次に発表された: 広島医学 33:1023-34, 1980
TR番号 17-78
原爆被爆者の生存率,広島・長崎,1951−76年
Moriyama IM,Guralnick L
TR番号 18-78
放影研病理学的調査,広島・長崎:第4報 剖検プログラムと寿命調査,1961年1月−1975年12月
山本 務,Moriyama IM,浅野正英,Guralnick L
TR番号 19-78
広島・長崎原爆被爆者の染色体異常と放射線量との非線型関係
大竹正徳
この報告書に基づく論文は次に発表された:J Radiat Res (Tokyo) 20:307-21, 1979