Menu does not appear
-- SiteMap

放影研報告書(RR) 16-03

日本人高齢者集団における心電図QT時間と死亡率の関係

中西修平, 山田美智子, 服部信昭, 鈴木 元
Am J Cardiol 93(9):1182-5, 2004
要 約
QTc間隔の延長が死亡率に及ぼす影響を、約3,500人の日本人高齢患者について約8.8年間にわたり追跡調査した。その結果、QTcの延長は、冠疾患のその他の危険因子を調整しても、全死因、心疾患死および冠疾患死の危険マーカーとなることが判明した。日本人は白人よりも冠疾患の罹患率が低いが、QTcが延長している症例については厳重な経過観察が必要であると考えられる。

Am J Cardiol, Vol 93, Nakanishi S, Yamada M, Hattori N, Suzuki G, Relation between QT duration and mortality in an elderly Japanese population, pp 1182-1185, (c) 2004 by Excerpta Medica, Inc., Elsevier の許可を得て掲載した。