Menu does not appear
-- SiteMap

解説・総説シリーズ(CR) 1-94

大規模な生物学的マーカープログラムのクリーナップワーカーモニタリングへの適用性の現状

Mendelsohn ML
Biomarkers and Occupational Health: Progress and Perspectives. Ed by Mendelsohn ML, Peeters JP, Normandy MJ. Washington, DC, Joseph Henry Press, 1995. pp 9-19.
要 約
米国エネルギー省(DOE)の大規模な生物学的マーカー適用実施への挑戦を要約する。広島・長崎の原爆被爆者から得られたデータを用いて生物学的マーカーの応用的価値について述べると共に、その制約、特にこれらのマーカーをDOEに適用する場合の制約についても述べる。結論としては、生物学的マーカーには利用上の大きな可能性があるが、DOEが期待するほどの役割を果たすにはまだ十分とは言えない。現在の生物学的マーカーを更に改良してこの状況を改善するため、幾つかの勧告を行った。