Menu does not appear
-- SiteMap

業績報告書(TR) 16-91

トロトラスト投与患者における体細胞突然変異のフローサイトメトリー法による解析

梅木繁子,京泉誠之,楠 洋一郎,中村 典,佐々木正夫,森 武三郎,石川雄一,Cologne JB,秋山實利
編集者注: この報告書に基づく論文は次に発表された。Jpn J Cancer Res 82:1349-53, 1991
要 約
電離放射線被曝は、発癌リスク因子として以前からよく知られている。電離放射線により突然変異が誘発され得るので、体細胞突然変異頻度を正確に測定する方法があれば、癌リスク評価のための有用な手段となる。今回の研究では、体内に沈着している二酸化トリウムから放出されるアルファ粒子に継続的に被曝しているため、発癌リスクが増加しているトロトラスト投与患者 18人について、赤血球グリコフォリンA および T細胞レセプター遺伝子座における生体内体細胞突然変異頻度を測定した。対照者と比較すると、トロトラスト投与患者では、T細胞レセプター遺伝子座位に突然変異頻度の有意な増加が認められたが、赤血球グリコフォリンA座位には認められなかった。