Menu does not appear
-- SiteMap

研究計画書 4-15

成人健康調査集団における二次元スペックルトラッキングストレイン解析(RP 2-14 の補遺)

要 約
原爆放射線被曝と様々な心臓障害の関連を調べる調査(RP 2-14)の補遺として、心臓超音波検査の一種であるスペックルトラッキング法を用いた詳細解析を提唱する。対象者や調査期間はRP 2-14 に準じる(被爆時年齢15 歳以下の成人健康調査〔AHS〕対象者2,700 人)。主要エンドポイントは長軸方向および円周方向のグローバルストレインである。スペックルトラッキング解析を用いて、ほかのサブエンドポイントとして超音波後方散乱信号なども計測する予定である。これらの指標は弁機能や心筋線維化との関連が知られている指標である。2014 年6 月以降既に収集・保存された画像についても、対象者から得られている同意に基づき、詳細な解析を実施する。