Menu does not appear
-- SiteMap

RP番号なし

組織登録調査

要 約
組織登録は、1973年に広島県医師会により、1974年に長崎市医師会により開始された。悪性および良性の各腫瘍について、病理報告書と共に病理標本が収集される。両市から得た腫瘍登録データと共に組織登録データを放影研で処理し、各登録の許可を得て放影研の調査集団との照合を行う。組織登録は、腫瘍登録にとって腫瘍例確認の補完的データ源となっており、広島の特定の病院から協力を得ることが困難であった初期の頃には特に重要であった。膨大な病理標本が一箇所で収集・保存されているので、長年にわたって集められた症例の病理検討を必要とする多くの部位別調査の実施が順調に進んでいる。今後も広島・長崎の組織登録は、RP 9-88で述べられている一連のLSS部位別がん研究のための最新のがん罹患率データを提供する。

組織登録が個人情報保護法に従って実施されるようにするために、2005年4月、広島県医師会の組織登録は広島県がん登録に統合され、2008年4月には長崎の組織登録が長崎県がん登録に統合された。