Menu does not appear
-- SiteMap

被爆者における初期の影響

被爆後数カ月から数年の期間
初期の影響には放射線の様々な急性症状があります。これらの症状に関する情報は主として1956年から1961年の間に10万人以上の原爆被爆者に面接して得られました。被爆者が記憶に基づいて語った放射線の急性症状の中でも、脱毛 は最も信頼できる報告と見なされています。すなわち脱毛は、嘔吐、歯肉からの出血、下痢、および 皮下出血 などの他の症状よりも、より客観的に記憶されていた症状と考えられています。

総じて放射線の急性症状は低線量被曝では見られず、そのため 閾値 として知られている概念が生まれました。すなわち、ある放射線量以下では急性症状は発生しないということです。これは 線形線量反応関係 として知られる理論と対照的です。この線形線量反応関係は放射線被曝の後影響の中でも最もよく確立されたものの一つである悪性疾患により示されています。この概念では、放射線量が高いほど悪性疾患の発生リスクが高くなります。
初期の影響に関する詳しい説明をご覧になりたい方は次の項目を選んでください。
急性放射線症 : 脱毛/血液細胞の減少/皮下出血/吐き気および嘔吐
放射線による急性死亡
放射線白内障(水晶体混濁)