Menu does not appear
-- SiteMap

加齢に及ぼす影響

動物を用いた実験から、放射線を照射されると寿命が短くなることが分かっている。この観察結果は、かつては放射線による非特異的な加齢現象の促進によるものとの考えもあったが、その後の研究から、寿命短縮のほとんどは腫瘍発生によるものと考えられるようになった。

原爆被爆者における非特異的な加齢促進を示す証拠は、多くの生理学的指標や形態学的影響においても、ほとんど認められていない(例えば、放射線量は、肺活量、眼の調節力、皮膚の弾力性、握力、聴力、あるいは病理解剖時の組織差などには関連がない)。しかし、白内障およびアテローム性動脈硬化の有病率や、免疫に関連した血液中の炎症性蛋白質レベルの変化については、放射線に関連した増加が見られている。放射線被曝が非特異的加齢を引き起こすかどうかを明らかにするため、今後も継続した情報収集が必要である。
このテーマについての参考文献
Sasaki H, Wong FL, et al.: The effects of aging and radiation exposure on blood pressure levels of atomic bomb survivors. Journal of Clinical Epideiology 2002; 55:974-81
Yamada M, Naito K, et al.: Prevalence of atherosclerosis in relation to atomic bomb radiation exposure: An RERF Adult Health Study. International Journal of Radiation Biology 2005; 81:821-6
Sasaki H, Kodama K, Yamada M: Aging. Journal of Radiation Research (Tokyo) 1991; 32(Suppl):310-26. (A review of 45 years’ study of Hiroshima and Nagasaki atomic-bomb survivors)
Sasaki H: Aging. Shigematsu I, Ito C, et al., eds. Effects of A-bomb Radiation on the Human Body. Chur, Switzerland: Harwood Academic Publishers; 1995, pp 316-23
佐々木英夫:加齢。放射線被曝者医療国際協力推進協議会編。原爆放射線の人体影響1992。文光堂;1992, pp 284-91