Menu does not appear
-- SiteMap

良性腫瘍

悪性でない腫瘍(良性腫瘍)に対する原爆放射線の影響は、ほとんどの情報が成人健康調査(AHS)から得られている。甲状腺、副甲状腺、唾液腺および子宮の良性腫瘍、ならびに胃のポリープについて調査が行われている。いずれの場合にも放射線量との関係が認められた。これとは対照的に、良性の卵巣腫瘍の病理学的調査では、性索間質腫瘍に放射線の影響が若干認められたが、それ以外には影響は見られなかった。子宮の良性腫瘍において明らかな線量反応関係を図1に示す。被曝線量が1 Gyの場合の相対リスクは1.5(95%信頼区間 1.27−1.70)である。



図1. 子宮筋腫の相対リスク(線量別)、AHS、1958−1998年。
点線は95%信頼限界を示す。

図2には成人健康調査における副甲状腺機能亢進症(主に良性副甲状腺腫瘍による)の有病率データと放射線被曝および被爆時年齢との関係を示す。組織線量1 Gy当たりの全症例を合わせた有病率は、対照群と比較して4倍(95%信頼区間1.7−14.0)になっている。有病率の増加は、特に若年被爆者において顕著であった。



図2. AHS集団における1 Gyの放射線に被曝した場合の
副甲状腺機能亢進症有病率(被爆時年齢別)
このテーマについての参考文献
Imaizumi M, Usa T, et al.: Radiation dose-response relationship for thyroid nodules and autoimmune thyroid diseases in Hiroshima and Nagasaki atomic bomb survivors 55-58 years after radiation exposure. JAMA 2006; 295:1011-22
Yamada M, Wong FL, et al.: Noncancer disease incidence in atomic bombs survivors, 1958-1998. Radiation Research 2004; 161:622-32
Inai K, Shimizu Y, et al.: A pathology study of malignant and benign ovarian tumors among atomic-bomb survivors--case series report. Journal of Radiation Research (Tokyo) 2006; 47:49-59
Fujiwara S, Sposto R, et al.: Hyperparathyroidism among atomic-bomb survivors in Hiroshima. Radiation Research 1992; 130:372-8
Ron E, Wong FL, Mabuchi K: Incidence of benign gastrointestinal tumors among atomic-bomb survivors. American Journal of Epidemiology 1995; 142:68-75
Kawamura S, Kasagi F, et al.: Prevalence of uterine myoma detected by ultrasound examination in the atomic bomb survivors. Radiation Research 1997; 147:753-8.