栗栖 智

所属

臨床研究部
E-mail: skurisu@rerf.or.jp

研究員について

主任研究員として2021年4月に放影研に着任しました。前職までは、広島大学病院や広島市民病院で心臓病に関する診療や学生指導に携わりながら、臨床研究を行っていました。現在の研究の関心は、原爆被爆者における放射線被曝と心筋梗塞発生率の線量反応関係について明らかにすること、経時的に得られている心電図のパラメーターと心血管死亡の関連について理解を深めていくことなどです。

学歴

2003
Ph.D.(医学)広島大学
1992
M.D. 広島大学医学部医学科

職歴

放射線影響研究所 臨床研究部
  • 2021-現在

    主任研究員

広島大学
  • 2018-2020

    循環器内科 准教授

  • 2017-2018

    循環器内科 講師

  • 2010-2016

    循環器内科 助教

  • 1997-1999

    第一内科 研究生

  • 1994

    内科 研修医

  • 1992

    内科 研修医

広島市民病院
  • 1999-2010

    循環器内科 医師

  • 1994-1997

    循環器内科 医師

  • 1993

    循環器内科 研修医

広島赤十字原爆病院
  • 1993

    血液内科 研修医

主な研究論文

Kurisu S, Nitta K, Watanabe N, Ikenaga H, Ishibashi K, Fukuda Y, Nakano Y. Associations of frontal QRS-T angle with left ventricular volume and function derived from ECG-gated SPECT in patients with advanced chronic kidney disease. Ann Nucl Med. 2021; 35(6): 662-8.
Kurisu S, Nitta K, Watanabe N, Ikenaga H, Ishibashi K, Fukuda Y, Nakano Y. Effects of upright T-wave in lead aVR on left ventricular volume and function derived from ECG-gated SPECT in patients with advanced chronic kidney disease. Ann Nucl Med. 2021; 35(1): 1-7.
Kurisu S, Nitta K, Watanabe N, Ikenaga H, Ishibashi K, Fukuda Y, Nakano Y. Effects of newly developed right versus left bundle branch block on the QRS axis, T-wave axis and Frontal QRS-T angle in patients with a narrow QRS. Intern Med. 2021; 60(1) :25-30.
Kurisu S, Nitta K, Ikenaga H, Ishibashi K, Fukuda Y, Kihara Y. Frontal QRS-T angle and left ventricular diastolic function assessed by ECG-gated SPECT in the absence of significant perfusion abnormality. Heart Vessels. 2020; 35(8): 1095-1101.
Kurisu S, Nitta K, Sumimoto Y, Ikenaga H, Ishibashi K, Fukuda Y, Kihara Y. Effects of myocardial perfusion defect on the frontal QRS-T angle in anterior versus inferior myocardial infarction. Intern Med. 2020; 59(1): 23-8.
Kurisu S, Nitta K, Sumimoto Y, Ikenaga H, Ishibashi K, Fukuda Y, Kihara Y. Myocardial perfusion defect assessed by single-photon emission computed tomography and frontal QRS-T angle in patients with prior anterior myocardial infarction. Heart Vessels. 2019; 34(6): 971-5.

戻る