連携大学院

広島大学大学院医歯薬保健学研究科

21世紀における医科学・医療において、高度なチーム医療を担う人材育成と分野の枠を超えた先端研究に力を入れるため、広島大学は大学院医歯薬保健学研究科を設置しています。

被爆都市「ヒロシマ」は放射線の人体への影響を研究する使命を担っており、医歯薬保健学研究科ではこれに取り組むため、平成14年4月に(公財)放射線影響研究所(放影研)に連携講座を設置しました。放影研で最先端の放射線医科学の研究に携わっている研究者が客員教官として学生の教育・研究指導を行っています。

 

医歯薬学専攻 放射線医科学専門プログラム 放射線医科学講座

研究室:放射線誘発突然変異解析

野田朝男 客員教授
放射線遺伝学、in vivo および in vitro 突然変異誘発試験、変異マウス作製・解析

研究室:生体防御ゲノム機能

楠 洋一郎 客員教授
ヒト免疫学、放射線生物学、サイトメトリー

林 奉権 客員教授
放射線生物学、免疫ゲノム、分子疫学、多因子病、細胞間情報伝達

研究室:放射線健康影響疫学

小笹晃太郎 客員教授
放射線疫学(がんおよび非がん疾患)、地域がん登録

坂田 律 客員准教授
放射線疫学

 


 

連携大学院に関するお問い合わせ先

〒732-0815 広島市南区比治山公園5-2
(公財)放射線影響研究所 事務局 総務課

082-261-3131(代表)

広島研究所へのアクセス方および交通手段はこちら

戻る