統計部

広島・長崎の放射線影響研究所(放影研)は、日米両国政府により支援を受ける日米共同研究機関であり、放射線による健康影響の調査において指導的役割を果たしていることが世界的に認められています。放影研は、日本人原爆被爆者から成る幾つかの大規模調査集団(長期にわたり2年に一度の健康診断が行われている集団を含む)の健康調査を実施すると共に、電離放射線の健康影響および遺伝子、生活習慣、環境との相互作用に関する基礎研究を行っています。

これまで統計部は、ポアソン回帰分析法および関連ソフトウェアの先駆的な発展を含む放射線リスク推定方法の開発、線量の不確実性(リスク回帰の独立変数における誤差など)の補正、特殊なサブコホートサンプリングデザイン、疫学的分野における革新的な手法の開発などを主導してきました。

近年では、統計部は経時的データと生存データの同時解析、欠測データ補完、因果推論法や媒介、高次元データやゲノミクスに関連する方法に焦点を当てています。放影研データは新しい統計的手法の開発および応用のための潤沢な資源を提供するものでもあります。統計部では放影研で行われる全ての疫学的、生物学的、臨床的研究活動に対し、他の研究部の研究員との共同研究を通じ、研究デザイン、データ解析、報告書作成に関する統計的支援を提供しています。

統計部はまた放射線量推定方式の管理にも携わっています。 この作業に含まれるものは、線量推定に用いられるデータおよびコンピュータ・プログラムの編成および管理、そして放影研の研究対象者である被爆者の線量推定値の計算です。

統計部は広島市街からさほど遠くない比治山公園にある広島研究所に位置しています。比治山公園からは広島の街が一望でき、春には見事な桜を楽しむことができます。

統計談話会・セミナーのお知らせ

資料

リンク

研究員と研究課題

戻る

戻る