Richard Sposto

所属

統計部
E-mail: rsposto@rerf.or.jp

研究員について

統計部長として2019年9月に就任しました。前職では、ロサンゼルス小児病院(CHLA) 血液・腫瘍・骨髄移植部門 小児がん・血液疾患センター 生物統計学・生物情報学部長、南カリフォルニア大学 ノリスがんセンター 生物統計学コアの共同ディレクター、および南カリフォルニア大学 ケック医学部 予防医学科 教授を務めました。1981年から医学(主に腫瘍学)の研究に携わり、1988年から1992年まで放影研統計部の研究員でした。現在の研究上の関心は、原爆被爆者の子どもにおける放射線の遺伝的影響に関する放影研の調査について最適な研究デザインを構築すること、現代のがん治療に照らしたがんの発生と死亡の線量反応関係について理解を深めること、低線量域における放射線の線量反応の柔軟なモデルを構築することなどです。

学歴

1981
Ph.D.(哲学、生物統計学)カルフォルニア大学(米国カリフォルニア州ロサンゼルス)
1978
M.S. (生物統計学)カルフォルニア大学(米国カリフォルニア州ロサンゼルス)
1974
B.A. (数学)カルフォルニア大学(米国カリフォルニア州ロサンゼルス)

職歴

放射線影響研究所
  • 2019-現在統計部部長 主任研究員
  • 1988-1992統計部 研究員
南カルフォルニア大学(米国カリフォルニア州ロサンゼルス)
  • 2019-現在

    名誉教授 ケック医学校予防医学部

  • 2005-2019

    教授 ケック医学校予防医学部・小児科学

  • 1994-2005

    准教授 ケック医学校予防医学部

  • 1981-1988

    助教 ケック医学校予防医学部

  • 2004-2019

    生物統計学・生物情報科学ディレクター ロサンゼルス小児病院 血液/腫瘍/BMT科

  • 2002-2004

    統計学者 小児腫瘍グループ

  • 1994-2002

    生物統計学者 小児がん/小児腫瘍グループ

  • 1981-1988

    生物統計学者 小児がん研究グループ

EMMESコーポレーション(米国メリーランド州ポトマック)
  • 1992-1994統計学者 Co-PIエイズワクチン調査グループ

主な研究論文

Ji, L., L.M. McShane, M. Krailo, and R. Sposto. Bias in retrospective analyses of biomarker effect using data from an outcome-adaptive randomized trial. Clin Trials. 2019; 16(6): 599-609.
Ji, L., J.P. Lewinger, M. Krailo, S. Groshen, D.V. Conti, S. Asgharzadeh, and R. Sposto. Improvements to the Escalation with Overdose Control design and a comparison with the restricted Continual Reassessment Method. Pharm Stat. 2019; 18(6): 659-670.
Maruffi, M., R. Sposto, M.J. Oberley, L. Kysh, and E. Orgel. Therapy for children and adults with mixed phenotype acute leukemia: a systematic review and meta-analysis. Leukemia. 2018; 32(7): 1515-1528.
Sposto, R., T.H.M. Keegan, C. Vigen, M.L. Kwan, L. Bernstein, E.M. John, I. Cheng, J. Yang, J. Koo, A.W. Kurian, B.J. Caan, Y.N. Lu, K.R. Monroe, S. Shariff-Marco, S.L. Gomez, and A.H. Wu. The Effect of Patient and Contextual Characteristics on Racial/Ethnic Disparity in Breast Cancer Mortality. Cancer Epidemiology Biomarkers & Prevention. 2016; 25(7): 1064-1072.
Sposto, R. and P.S. Gaynon. An adjustment for patient heterogeneity in the design of two-stage phase II trials. Statistics in Medicine. 2009; 28(20): 2566 – 2579.
Sposto, R., W.B. London, and T.A. Alonzo. Criteria for optimizing prognostic risk groups in pediatric cancer: analysis of data from the Children’s Oncology Group. Journal of Clinical Oncology. 2007; 25(15): 2070-77.
Sposto, R. Cure model analysis in cancer: An application to data from the Children’s Cancer Group. Statistics in Medicine. 2002; 21: 293-312.
Sposto, R. and D.O. Stram. A strategic view of randomized trial design in low-incidence paediatric cancer. Statistics in Medicine. 1999; 18(10): 1183-97.
Sposto, R., D.L. Preston, Y. Shimizu, and K. Mabuchi. The effect of diagnostic misclassification on non-cancer and cancer mortality dose response in A-bomb survivors. Biometrics. 1992; 48(2): 605-17.
Sposto, R., D.O. Stram, and A.A. Awa. An estimate of the magnitude of random errors in the DS86 dosimetry from data on chromosome aberrations and severe epilation. Radiation Research. 1991; 128(2): 157-69.

戻る