田邉 修

所属

バイオサンプル研究センター
分子生物科学部
お問い合わせはこちらへ。

研究員について

2018年にバイオサンプル研究センター長として放影研に着任して以来、原爆被爆者とその子及び配偶者から提供された血液及び尿試料の調製、保管及び研究利用を指揮しています。そして、センターにおける、質量分析法などの分析技術によるバイオサンプルの品質評価及び品質管理業務や、試料調製及び保管手順の改善のための取り組みを指導しています。また、電離放射線への被曝による体細胞変異の特徴を、高スループットDNAシーケンス技術を用いて研究しており、酸化ストレス応答による放射線誘発変異に対する防御作用の可能性についても研究しています。放影研への着任前は、東北大学ゲノム解析部門教授として、大規模住民コホート研究に携わり、多因子疾患の遺伝、行動及び環境面における危険因子やバイオマーカーの同定のための血液及び尿試料を用いたゲノミクス、メタボロミクス及びプロテオミクス研究を行って来ました。

学歴

1989
広島大学大学院 医学系研究科修了 医学博士
1985
広島大学 医学部医学科卒業

職歴

放射線影響研究所
  • 2019-現在主席研究員、バイオサンプル研究センター長、分子生物科学部 兼務
  • 2018-2019バイオサンプル研究センター長、分子生物科学部 主任研究員 兼務
東北大学 東北メディカル・メガバンク機構
  • 2012-2018ゲノム解析部門 教授
米国ミシガン大学 医学部
  • 2005-2012細胞発生生物学部門 研究助教授
  • 2002-2005細胞発生生物学部門 研究員
米国ノースウェスタン大学
  • 2000-2002生化学・分子生物学・細胞生物学部門 上級研究員
広島大学 医学部医学科
  • 1995-2000生化学第二講座 講師
  • 1992-1995生化学第二講座 助手
広島大学 原爆放射能医学研究所(現 原爆放射線医科学研究所)
  • 1989-1992臨床第一(内科)研究部門 助手

主な研究論文

Yamauchi T, Ochi D, Matsukawa N, Saigusa D, Ishikuro M, Obara T, Tsunemoto Y, Kumatani S, Yamashita R, Tanabe O, Minegishi N, Koshiba S, Metoki H, Kuriyama S, Yaegashi N, Yamamoto M, Nagasaki M, Hiyama S, Sugawara J. Machine learning approaches to predict gestational age in normal and complicated pregnancies via urinary metabolomics analysis. Sci Rep. 2021; 11(1): 17777.
Yamaguchi-Kabata Y, Yasuda J, Tanabe O, Suzuki Y, Kawame H, Fuse N, Nagasaki M, Kawai Y, Kojima K, Katsuoka F, Saito S, Danjoh I, Motoike IN, Yamashita R, Koshiba S, Saigusa D, Tamiya G, Kure S, Yaegashi N, Kawaguchi Y, Nagami F, Kuriyama S, Sugawara J, Minegishi N, Hozawa A, Ogishima S, Kiyomoto H, Takai-Igarashi T; ToMMo Study Group, Kinoshita K, Yamamoto M. Evaluation of reported pathogenic variants and their frequencies in a Japanese population based on a whole-genome reference panel of 2049 individuals. J Hum Genet. 2018; 63(2): 213-230.
Saigusa D, Okamura Y, Motoike IN, Katoh Y, Kurosawa Y, Saijyo R, Koshiba S, Yasuda J, Motohashi H, Sugawara J, Tanabe O, Kinoshita K, Yamamoto M. Establishment of protocols for global metabolomics by LC-MS for biomarker discovery. PLoS One. 2016; 11(8): e0160555.
Nagasaki M, Yasuda J, Katsuoka F, Nariai N, Kojima K, Kawai Y, Yamaguchi-Kabata Y, Yokozawa J, Danjoh I, Saito S, Sato Y, Mimori T, Tsuda K, Saito R, Pan X, Nishikawa S, Ito S, Kuroki Y, Tanabe O, Fuse N, Kuriyama S, Kiyomoto H, Hozawa A, Minegishi N, Engel JD, Kinoshita K, Kure S, Yaegashi N, ToMMo Japanese Reference Panel Project, Yamamoto M. Rare variant discovery by deep whole-genome sequencing of 1,070 Japanese individuals. Nature Commun. 2015; 6: 8018.
Keleku-Lukwete N, Suzuki M, Otsuki A, Tsuchida K, Katayama S, Hayashi M, Naganuma E, Moriguchi T, Tanabe O, Engel JD, Imaizumi M, Yamamoto M. Amelioration of inflammation and tissue damage in sickle cell model mice by Nrf2 activation. Proc Natl Acad Sci U S A. 2015; 112(39): 12169-12174.
Shi L, Lin YH, Sierant MC, Zhu F, Cui S, Guan Y, Sartor MA, Tanabe O, Lim KC, Engel JD. Developmental transcriptome analysis of human erythropoiesis. Hum Mol Genet. 2014; 23(17): 4528-4542.
Shi L, Cui S, Engel JD, Tanabe O. Lysine-specific demethylase 1 is a therapeutic target for fetal hemoglobin induction. Nature Med. 2013; 19(3): 291-294.
Campbell AD, Cui S, Shi L, Urbonya R, Mathias A, Bradley K, Bonsu KO, Douglas RR, Halford B, Schmidt L, Harro D, Giacherio D, Tanimoto K, Tanabe O, Engel JD. Forced TR2/TR4 expression in sickle cell disease mice confers enhanced fetal hemoglobin synthesis and alleviated disease phenotypes. Proc Natl Acad Sci U S A. 2011; 108(46): 18808-18813.
Tanabe O, Shen Y, Liu Q, Campbell AD, Kuroha T, Yamamoto M, Engel JD. The TR2 and TR4 orphan nuclear receptors repress Gata1 transcription. Genes Dev. 2007; 21(21): 2832-2844.
Tanabe O, McPhee D, Kobayashi S, Shen Y, Brandt W, Jiang X, Campbell AD, Chen YT, Chang CS, Yamamoto M, Tanimoto K, Engel JD. Embryonic and fetal β-globin gene repression by the orphan nuclear receptors, TR2 and TR4. EMBO J. 2007; 26(9): 2295-2306.

戻る