大石 和佳

所属

臨床研究部
お問い合わせはこちらへ。

研究員について

2004年4月に臨床研究部 研究員として着任し、健診を通じて原爆被爆者および被爆二世の長期追跡コホート調査に従事しています。前職では、広島大学病院 消化器内科と広島大学大学院 分子病態制御内科学において、消化器疾患の診療と研究に携わっていました。当時、広島大学で開発したB肝炎ウイルスの薬剤耐性ウイルスを早期に検出するPCR法は、治療法の選択やウイルス複製のメカニズム研究に役立ちました。現在の研究上の関心は、肝細胞癌のリスク要因を同定するとともに、放射線リスクに影響を与える因子やバイオマーカーを特定し、放射線発がんに関連する病態生理学を理解することです。また、放射線被曝が、肝炎ウイルス、肝線維化、インスリン抵抗性、炎症などを介して肝疾患のリスク増加に関与しているどうかを明らかにすることです。

学歴

2004
Ph.D.(医学) 広島大学大学院医歯薬学総合研究科 分子病態制御内科学
1992
M.D. 広島大学医学部医学科

職歴

2018-現在
放射線影響研究所 臨床研究部 緊急作業従事者健康調査室 室長
2014-現在
放射線影響研究所 臨床研究部 部長
2011-2014
放射線影響研究所 臨床研究部 副部長
2008-現在
放射線影響研究所 臨床研究部 主任研究員
2005-2020
放射線影響研究所 臨床研究部 臨床検査科長
2004-2008
放射線影響研究所 臨床研究部 研究員
2002-2004
広島大学病院 消化器内科 医師
1997-2002
広島大学大学院 分子病態制御内科学 研究生
1994-1997
広島西医療センター 消化器科医師
1993
広島赤十字・原爆病院 内科研修医
1992-1994
広島大学医学部附属病院 内科研修医

主な研究論文

Ueda K, Ohishi W, Cullings H, Fujiwara S, Suzuki G, Hayashi T, Mitsui F, Hida A, Ozasa K, Ito M, Chayama K, Tahara E. Modifying effect of chronic atrophic gastritis on radiation risk for noncardia gastric cancer according to histological type. Radiat Res. 2020; 194(2): 180-7.
Ozasa K, Cullings HM, Ohishi W, Hida A, Grant EJ. Epidemiological studies of atomic bomb radiation at the Radiation Effects Research Foundation. Int J Radiat Biol. 2019; 95(7): 879-91.
Imaizumi M, Ohishi W, Nakashima E, Sera N, Neriishi K, Yamada M, Tatsukawa Y, Takahashi I, Fujiwara S, Sugino K, Ando T, Usa T, Kawakami A, Akahoshi M, Hida A. Thyroid dysfunction and autoimmune thyroid diseases among atomic-bomb survivors exposed in childhood. J Clin Endocrinol Metab. 2017; 102(7): 2516-24.
Imaizumi M, Ohishi W, Nakashima E, Sera N, Neriishi K, Yamada M, Tatsukawa Y, Takahashi I, Fujiwara S, Sugino K, Ando T, Usa T, Kawakami A, Akahoshi M, Hida A. Association of radiation dose with prevalence of thyroid nodules among atomic bomb survivors exposed in childhood (2007-2011). JAMA Intern Med. 2015; 175(2): 228-36.
Ohishi W, Cologne JB, Fujiwara S, Suzuki G, Hayashi T, Niwa Y, Akahoshi M, Ueda K, Tsuge M, Chayama K. Serum interleukin-6 associated with hepatocellular carcinoma risk: A nested case-control study. Int J Cancer. 2014; 134(1): 154-63.
Tatsukawa Y, Cologne JB, Hsu WL, Yamada M, Ohishi W, Hida A, Furukawa K, Takahashi N, Nakamura N, Suyama A, Ozasa K, Akahoshi M, Fujiwara S, Shore RE. Radiation risk of individual multifactorial diseases in offspring of the atomic-bomb survivors: A clinical health study. J Radiol Prot. 2013; 33(2): 281-93.
Ohishi W, Fujiwara S, Cologne JB, Suzuki G, Akahoshi M, Nishi N, Tsuge M, Chayama K. Impact of radiation and hepatitis virus infection on risk of hepatocellular carcinoma. Hepatology. 2011; 53(4): 1237-45.
Ohishi W, Fujiwara S, Cologne JB, Suzuki G, Akahoshi M, Nishi N, Takahashi I, Chayama K. Risk factors for hepatocellular carcinoma in a Japanese population: A nested case-control study. Cancer Epidemiol Biomar Prev. 2008; 17(4): 846-54.
Ohishi W, Fujiwara S, Suzuki G, Kishi T, Sora M, Matsuura S, Hakoda M, Tatsukawa Y, Yamada M, Chayama K. Feasibility of freeze-dried sera for serological and molecular biological detection of hepatitis B and C viruses. J Clin Microbiol. 2006; 44(12): 4593-5.
Ohishi W, Shirakawa H, Kawakami Y, Kimura S, Kamiyasu M, Tazuma S, Nakanishi T, Chayama K. Identification of rare polymerase variants of hepatitis B virus using two-stage PCR with peptide nucleic acid clamping. J Med Virol. 2004; 72(4): 558-65.

戻る