楠 洋一郎

所属

分子生物科学部
E-mail: ykusunok@rerf.or.jp

研究員について

放影研の免疫学研究室に1986年着任以来、原爆被爆者の造血および免疫の研究に携わり、被爆者における造血の攪乱ならびに免疫加齢の促進に関するエビデンスを蓄積してきました。現在、心血管疾患などの放射線関連非がん疾患のメカニズムを理解するために、放射線被ばくによるクローン造血に着目して研究を進めています。また、これまでの研究から収集された免疫データを用いて、成人健康調査に協力いただいた被爆者について、がんや非がん疾患の発生を追跡する調査を企画しています。この調査から、放射線が関係する免疫の変化が原爆被爆者で上昇する病気のリスクにいかに関わるか、示されるのではないかと考えています。広島市生まれ。1945年に原爆で多くの犠牲者をだした旧制広島二中を前身とする県立広島観音高卒。

学歴

1986
医学博士(Ph.D.)血液学 広島大学原爆放射能医学研究所
1979
薬学修士、薬品化学 岡山大学 大学院薬学研究科
1977
薬学士、岐阜薬科大学

職歴

放射線影響研究所
  • 2018-現在

    分子生物科学部 副部長

  • 2015-2018

    分子生物科学部 部長

  • 2011-2015

    放射線生物学/分子疫学部 部長

  • 2009–2011

    放射線生物学/分子疫学部 部長代理

  • 2004-2008

    放射線生物学/分子疫学部 副部長

  • 2003–2004

    放射線生物学/分子疫学部 免疫学研究室室長

  • 1986–2003

    放射線生物学 研究員

フレッドハチンソンがん研究センター(米国ワシントン州シアトル)
  • 1993-1995

    免疫遺伝学プログラム 来所研究員

主な研究論文

Yoshida K, French B, Yoshida N, Hida A, Ohishi C, Kusunoki Y. Radiation exposure and longitudinal changes in peripheral monocytes over 50 years: The Adult Health Study of atomic-bomb survivors. Br J Haematol. 2019; 185: 107-115.
Yoshida K, Cologne JB, Cordova KA, Misumi M, Yamaoka M, Kyoizumi S, Hayashi T, Robins H, Kusunoki Y. Aging-related changes in human T-cell repertoire over 20 years delineated by deep sequencing of peripheral T-cell receptors. Exp Gerontol. 2017; 96: 29-37.
Kyoizumi S, Kubo Y, Kajimura J, Yoshida K, Hayashi T, Nakachi K, Young LF, Moore MA, van den Brink MR, Kusunoki Y. Linkage between dendritic and T cell commitments in human circulating hematopoietic progenitors. J Immunol. 2014; 192: 5749-5760.
Kusunoki Y, Yamaoka M, Kubo Y, Hayashi T, Kasagai F, Douple EB, Nakachi K. T-cell immunosenescence and inflammatory response in atomic-bomb survivors. Radiat Res. 2010; 174: 870–876.
Kusunoki Y, Hayashi T. Long-lasting alterations of the immune system by ionizing radiation exposure: Implications for disease development among atomic bomb survivors. Int J Radiat Biol. 2008; 84: 1-14.
Kusunoki Y, Yamaoka M, Kasagi F, Hayashi T, MacPhee DG, Kyoizumi S. Long-lasting changes in the T-cell receptor V beta repertoires of CD4 memory T-cell populations in the peripheral blood of radiation-exposed people. Br J Haematol. 2003; 122: 975-984.
Kusunoki Y, Kyoizumi S, Honma M, Kubo Y, Ohnishi H, Hayashi T, Seyama T. NK-mediated elimination of mutant lymphocytes that have lost expression of MHC class I molecules. J Immunol. 2000; 165: 3555-3563.
Kusunoki Y, Kyoizumi S, Hirai Y, Suzuki T, Nakashima E, Kodama K, Seyama T. Flow cytometry measurements of subsets of T, B and NK cells in peripheral blood lymphocytes of atomic bomb survivors. Radiat Res. 1998; 150: 227-236.
Kusunoki Y, Kodama Y, Hirai Y, Kyoizumi S, Nakamura N, Akiyama M. Cytogenetic and immunologic identification of clonal expansion of stem cells into T and B lymphocytes in one atomic-bomb survivor. Blood. 1995; 86: 2106-2112.
Kusunoki Y, Hirai Y, Hayashi T, Kyoizumi S, Takahashi K, Morishita Y, Kodama Y, Akiyama M. Frequent occurrence of in vivo clonal expansion of CD4 CD8 T cells bearing T cell receptor αβ chains in adult humans. Eur J Immunol. 1993; 23: 2735 2739.

戻る